FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

ヒゲ薬とべっこう飴

●むこう向きのおっとせい その420

先日59期のM君から
「もうすぐ受験なのでヒゲ薬を頂けませんか?」
とラインが入った。


大学の入試が近づいているようで、
高校入試の時にもらった、『ヒゲ薬』が欲しいと思ったようだ。


それで昨日テスト対策の後に来るように伝えたら、
同じく受験生のK君、T君と共に現れた。


ヒゲ薬とは、
受験前の生徒に少しでも平常心を持ってもらおうと
ヒゲ先生が配り始めたものだ。


決して怪しい薬ではない。


赤ちゃんが飲んでも大丈夫な薬だ。


精神を安定させる効果がある。(きっと)



学園ではできるだけ落ち着いて、普段の力が発揮できるように
中学、高校入試前に激励会を開いている。


その時に、全職員が書いた励ましのメッセージと
この『ヒゲ薬』を希望者に渡している。


そんなものに頼らなくてもという意見もあるが、
中には緊張しいもいるのだから、いいかと思っている。



3人とは久しぶりに会った。


みんな小学生の時から学園に通ってくれた生徒ばかりで、
この子達がもう大学受験かと思うと、
またまた時の流れを感じる。


ひとしきり近況を聞いたり、彼女の話をして盛り上がった後、
薬を渡そうかと思っていたら、
M君が「なんか実験したい。そうだ、べっこう飴を作りたい。」
と言い出した。


そして言うが早いか、私の返事を待つことなく、
すぐにガスバーナーの準備を始めだした。


勝手知ったる実験室。


すぐに準備が出来て、3人で作り始めた。


「ガスバーナーの使い方を覚えているのか?」と聞いたら


「体が覚えてる。」と答えが返ってきた。


流石は我が学園生だ。


「べっこう飴は久しぶりだ。これを作るのが好きだった。」
と3人共生徒に戻った。


学園で体験した実験が彼らの思い出として残っている。


そのことが嬉しかった。


べっこう飴を作った後、ヒゲ薬を渡し、
「受験頑張れ。」と言葉をかけて別れた。


連続の勉強会の後で、疲れてはいたが、
彼らに会って元気が出た。



来年にはいい報告が聞けることを願っておこう。



ではまた。
S_7052576492682.jpg

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.