FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

2017年度実験学校 最終回

13,14日は2017年度最後の実験学校だった。


メインの実験は「ロボット作り」。
そして理科実験は発酵の化学。


それと年度最後なので、
表彰式を行った。


ロボットは今まで一番の大物で、
取扱説明書は90ページ近くあり、
パーツの数も多かった。


大変な作業だったが、
子どもたちはとても熱心に取り組み
全員が見事に仕上げた。


物を作る時は、
子どもたちにはちゃんと完成させたい。


取り組んだ事が上手くいくと達成感が得られる。


そしてそれが、子どもたちの自信になり、
やる気にもつながるからだ。


そういった意味で、今回はみんなが完成したので
ほんとによかった。


夜にロボットを作っている最中に
ブレイカ―がとんだようで停電になった。


あわてて外に出てみると辺りは真っ暗だった。


早くつけなくてはと思ってふと空を見上げると、
真っ暗な空に冬の星座が煌めいていた。


そこでこれは見逃す手はないと、
予定を早めて天体観測をする事にした。


見事な星空だった。


オリオン座、ふたご座、ぎょしゃ座、カシオペア座、ペガスス座、
おうし座そしてスバルがきれいに見えた。
天の川もはっきりと見えた。


思わぬハプニングだったが、思わぬプレゼントをもらった。



発酵実験は関西環境学会の植田先生に指導頂き、
甘酒とヨーグルトを作った。


子どもたちはこれからヨーグルト作成しまくるかも知れない。



表彰式では、この1年頑張って来てくれた子どもたちに対して、
表彰状と記念品を進呈した。



2017年度実験学校も無事終了。


今年は関西環境教育学会との初のコラボの年だったが、
個性的な先生方と出会え、我々も多いに刺激を受けた。


次年度も子どもたちの知的好奇心をくすぐる
実験を提供頂ければと思っている。


さて2018年度はどんな実験学校になるのだろう。


子どもたちにとって飛びきり刺激的な時間となるように、
そして我々自身もわくわく出来るような、
今までにやったことのない事にもチャレンジしていこう。


いつまでたっても実験学校は楽しい時間だ。


ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.