藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

春合宿

●むこう向きのおっとせい その437

ブログの更新が遅れてしまった。


今、春合宿の帰りのフェリーの中にいる。


3泊4日の合宿もまもなく
無事に終了しようとしている。


フェリーの中で生徒が書いた感想文を
先ほど読んだ。


どの生徒も勉強に、そのほかの行事に
充実した時間を過ごしたことが、
読み取れた。


合宿は去年までは2泊3日だったのだが、
今年から3泊4日になった。


その分勉強量も増えたのだが、
在校生は冬合宿同様、各自の弱点に取り組み、
数多くの問題を解き、質問した。


この合宿での成果が新学期からの
勉強に生きて欲しいものである。



そして春合宿は在校生だけでなく、
受験を乗り越えた、
新高一生の卒業旅行でもある。


高校に行くまでの、
最も解放された時間の中、
自分たちで計画を立て、
学園を2度目の卒業をするスタッフと一緒に、
まるっきり自由な時間を過ごした。


学園のスタッフも専任も、
全員が学園の卒業生だ。


お互いの共通体験も多く、
スタッフ、卒業生、在校生、専任と、
これはもう大きな家族だ。


自由で楽しい時間を、過ごしながらも、
懐かしの学び舎を去ることの寂しさもあり、
彼らは寝る時間も惜しんで、
時を過ごした。


これからは、今まででのようには
会えなくなるが、
学園で過ごした日々を忘れずに、
それぞれのステージで
自分らしく輝いて欲しいものだ。



万物流転。


春はやはりあまり好きではない。



ではまた。









Newest

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.