FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

新学期が始まった

●むこう向きのおっとせい その439

公立高校入試、卒業式、春合宿、講習会と息つく間もなく
次から次に行事が続いた。


そして息つく間もなく、明日から本科の授業が始まる。


今年は数学と英語は今までと違った方法で
授業をすることになった。


今までは、先生が説明して、その類題を解く、
そしてまた解説を聞くというパターンでとやってきた。


しかしこの一斉指導だと、基礎力の足らない子とよくできる子が混じると、
細かい指導が出来にくいという欠点がある。


最近、この出来不出来の差がかなり大きくなってきた。


一人一人の弱点を出来るだけなくし、
分からない問題が出来たという思いを持たすには、
どうしたらいいのか。


これまでもいろんな手を考えてきたが、
今年からは、複数の先生が授業に入り、
子どもたちそれぞれのレベルに合った課題に
取り組ませる形にすることにした。




いかに指導するかというのは、永遠のテーマだろう。


この方法もどこまで生徒の学力を伸ばせるのか、
効果の程は未知数だし、課題も一杯出てくるだろうが、
試行錯誤を重ねながら、
よりよいものにしていきたい。



子どもたちに自信をつけさせる。


それが教えることの大きな目標の一つだ。


「出来た!分かった!」の積み重ねが子どもたちに自信をつけていく。





新たな戦いが始まる。


希望を持って、頑張っていこう。




ではまた。















Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.