藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

バレエの発表会を観に行った

●むこう向きのおっとせい その441

昨日小6のMちゃんのバレエの発表会を、
H美先生、Nちゃん先生と一緒に、
八尾のプリズムホールまで観に行った。


バレエなんて今まで触れるチャンスもなく、
全く縁のないものだった。


なので訳も分からず席に着いて、始まりを待った。


まず最初に表彰があった。


そこに表彰される子たちが
一人一人大きな舞台を観客に向かって
バレエ特有の歩き方で進んでくる。


Mちゃんも姉のEちゃんも表彰されていたが、
こんな大きな舞台を、笑顔を絶やさずによく歩いて来れるなと、
まずはその事に感心する。


その後、幼稚園くらいの子から
年配の人までが日頃の成果を発表されたのだが
どれも素晴らしかった。


なんであんなにくるくる回っているのに
コケもしないし、息もあがらないのだろう。


飛び跳ねている姿は、
まるで空を飛んでいるようだったし、
男の人が女の人を抱き上げる時は
まるで糸でつるしているみたいに
なめらかな動きだった。



鍛え上げられた肉体だからこそ出来るのだろう。



バレエは美しいなと思った。




一通り発表が終わった後、
今回のメインである「ピーターパン」が始まった。


Mちゃんはマイケルの役で
ほぼフル出場だった。



台詞もないのに動きだけでどこまで表現できるのだろうと、
始まる前は退屈するかもしれないと思っていたのだが、
予想に反してこれは素晴らしかった。



ナレーションは入るのだが、
子どもたちの動きが生き生きとしていて、
表情も豊かで
観ていて全く飽きなかった。


あっという間に劇は終わった。



Mちゃんのマイケルは可愛すぎた。



心から拍手を送った。



無事にやりきったMちゃんはきっと
とてつもなく充実感を味わっているだろうし、
こんな経験は彼女の大きな自信になることだろう。



ここにも素晴らしい教育がある。



また、チャンスがあれば
是非観に行こうと思っている。




ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.