藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

実験学校 天体スペシャル

●むこう向きのおっとせい その447

この土日は「実験学校」だった。


今回のテーマは「天体スペシャルと季節の自然を探そう」


天体スペシャルとして
「日時計」「プラネタリウム」
「月の満ち欠け観察器」を作成した。

いずれも工作だったが、
出来上がりもよく、
子どもたちにとっては、太陽の運行、
月と太陽と地球の位置関係など
天体への知識が深まったことと思う。


そして夜は「満天の星空を観よう」
ということで
場所を寒霞渓の頂上付近に移動して
星座観察を実施した。


昔、冬合宿の時に
M山先生と灯台に行って星を
観たことがあったのだが、
周りに何の灯りもない中で観た星は
驚くほど素晴らしかった。
その星の数にはほんとに圧倒された。


その経験があったので、
子どもたちにもそんな星空を観せてやりたいという思いで
今回「人工の灯りのないところで星を観よう」
というのを企画した。


これはと思うところをいくつか下見したのだが
灯りのないところを探すのは、
ことのほか難しかった。


それで思い切って寒霞渓まで車で移動することにした。


以前は土産を売っていた、
売店後の駐車場で観察することにしたのだが、
これは大正解だった。
期待通りの星空だった。


車のライトが消えた瞬間、
浮かび上がった星空は
思わず声を上げるほどの
見事なものだった。


満天の星を観たことは
子どもたちの心の中に
いつまでも残っていくことだろう。


思い切って行くことにしてよかった。



「季節の自然を探そう}は
「柿の葉寿司」を作る。

関西環境教育学会の植田先生が
担当してくださった。


柿の葉は植田先生の家に生えていたものを使用。


なぜ柿の葉を使ったのか、
先人の知恵にも触れながら
鮭と鯖を使って、
おいしいお寿司が出来上がった。



実験学校は子どもたちだけではなく、
引率している自分たちにとっても、
いつも何かしらの感動がある。


7月は「サバイバルスペシャル」
8月は「ドローンスペシャル」


「ドローンスペシャル」では、
専門家にも来ていただいて
本物のドローンを飛ばして、
上空からの映像を見せて頂くことになっている。


また自分たちでドローンも作成する。


どんな感動が待っているのか、
今から楽しみである。



ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.