FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

この向こうには....

●むこう向きのおっとせい その452

先ほど懇談が終わった。


今日懇談のIさんは、
お子達3人を学園に通わせて頂いている、
学園の大いなる理解者のお一人だ。


お子さんの日頃の様子、成績の話の後、
まもなく始まる夏合宿のことに話が及んだ。



様々な行事を通して、
子どもたちの心に、
いつまでも励みになるようなものを残したい。
ずっとそう思ってやってきた。


Iさんは、それを応援してくださる
保護者の1人である。



子どもたちに何を与えるのか、
子どもたちにとって今大事なことは何なのか。


すぐに結果を求める風潮が増す中、
学園のあり方は時代錯誤なのか。



お話をしながら、頭の中を諸々の考えが巡った。


学園創設から63年。


時代が変わろうが、
変わらないものある。


そんな思いを強く持ってずっとやってきた。


今までの子どもたちの様子を見ていて、
それは間違ってないと思うのだが、
これも多くの人の支持を受けなければ
ただの自己満足に終わってしまう。


いろんなことが過渡期を迎えている。


乗り越えた先に何が待っているのか。


同じ光景か、全く違ったものか。


それとも.....。


梅雨は今日明けたそうだが、
まだ晴れ間が見えない。




ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.