FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

今のところ順調だ

●むこう向きのおっとせい その457

昨日島から帰って来た。


実験学校を終えて、その続きで
常翔啓光中学のサイエンスクラブの合宿、
続いて、神戸の4塾が集まっての実験合宿をこなして来た。


いずれも前の合宿が終わったその日から、
新たな合宿が始まるという、
大変ハードなスケジュールで、
我々は全く息を抜けなかった。


常翔啓光の合宿は、
総勢10名と今年は少人数だったが、3年前に中1で参加した男の子が、
高1になって再びやって来てくれたことが嬉しかった。

薬品の怖さ、花火作り、ロケット作り、フィシング、ロケット打ち上げ、海ほたるの観察と天体観測
に取り組んだ。


海ほたると天体観測をセットでやるのだが、
今年の星空は私が今まで見た中でも、
1.2を争う綺麗さだった。


天の川がくっきりと見え、
火星、土星、木星も輝きを競っていた。


ほんとに素晴らしい星空だった。


メイン実験のロケットの打ち上げは、
強風のため、残念ながら中止。
また9月になったら学校まで出向いて、
打ち上げをする事になった。



常翔啓光の合宿の後の神戸の塾の合宿は、
総勢88名と大人数だった。


本来は7月にやる予定だったのだが、
台風のせいで、日程を延期した。


にもかかわらず、不参加は4名だけと、
大半の子が参加してくれた。


下手したら半減するのではないかと、
心配していたのだが、
意外にもたくさん参加してくれたのが嬉しかった。


実験は向こうの先生方と我々で
分担して実施。


我々は高学年の
花火作り、金貨銀貨作り、琥珀磨き
の実験を担当した。


閉講式で挨拶の後、玄関で見送ったが、
「また来年絶対に来る~!」
「来年まて元気でいて下さい」とか、
嬉しい言葉を残して、
子どもたちは帰って行った。


また来年会えることを楽しみにしておこう。



生徒を見送ったあと、
部屋の片付けをしてから、
待望の休暇に入った。


本来なら盆休みのところを一緒に残ってくれた、
I畑先生、Nちゃんと釣りを楽しんだ。


仕事の後の充実感が
休みの楽しさを倍増させてくれた。


いい時間を過ごせた。



ここまでの合宿は全て順調に来た。


残すは本科の合宿のみ。


暑さがまだまだ続くようなので、
また気を張って、無事に終えられよう、
全力でやりきりたい。


ここまでいろんなことがあったが、
その度に上手く対処出来てきた。


このスタッフなら、少々の困難は
乗り越えていける。


またみんなで力を合わせて、
今年最後の夏合宿を、
最高の形で終えたいと思っている。


ではまた。


Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.