FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

ドラレコ

森山's Honey Buket 363

万一事故を起こしたり、トラブルに巻き込まれたりした時のため、装備する運転者が増えてきたというドライブレコーダー。

このドラレコはもともと、トラックに追突される事故でバイクに乗る息子を失った父親が発案し開発に深く関わったそうだ。この事故ではバイクの息子の方に重大な過失があったと判断が下されたそうだ。

死人に口なしとばかり、被害者が一方的に不利な状況に追いやられたり、残された家族がより深い悲しみの淵に沈められたりしないように…との父の思いが、企業との共同開発に繋がったらしい。


先日車検を受けるのを機に、うちの車にもドラレコを付けることにした。2週間ほど前のことだ。


まさかこんな早く日の目をみるとは…

と言っても、うちの車が事故をしたり巻き込まれたりしたわけではない。


事故の瞬間を目撃する羽目になったのだ。


ほぼ40キロで走っていたうちの車を、轟音を響かせながら1台のバイクが抜き去って行った。しかも左側から…

かなりのスピードが出ていたので、あっという間に前方の交差点を左折しようとしている車に近づいて行った。

うちの車に乗る3人が「わあ~」やら「あ~」やら「あぶない!」やら絶叫するのとほぼ同時に、バイクは車の土手っ腹に、勢いそのままに突っ込んだ。

その瞬間ライダーは高く舞った。映画を見ているようだった。

興奮の中、目を凝らすと、ライダーが身体を起こすのが見えた。

ほっ…ちゃんと生きている。


意識があるのなら、当事者たちが救急車や警察への連絡も出来るだろうと判断し、その場を離れることにした。


役に立つのか立たないのかは分からないが、とにかく警察署に行って、情報提供を申し出た。それが市民たる者の責任ではないかと思えたからだ。

きっとドライブレコーダーがそれなりの記録をとどめているはずだ。


その足で向かった警察署で事情を話し、SDカードを預けて帰った。

翌朝、警察から「とても鮮明に記録されていました。ご協力ありがとうございました。」との感謝の言葉とともにカードが返却された。

「幸いバイクの人は軽傷でした…」警官はその一言を添えてくれた。


小市民も役に立てたかな…小さな自負心を持った。



ドラレコを付けて思うのだが、ドラレコの目は運転者である自分にも向けられている。

信号無視や速度超過、強引な右左折や追い越し、自分の運転が全て記録される。

自らの違反を強く自制する作用が、ドラレコには確かにある…と思う。

エアバッグやETCが多くの車に搭載されているように、シートベルトが全ての車に付いているように、ドライブレコーダーが公道を走る全車に義務付けられる日が来ても良いのになあと思う。















Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.