FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

奇跡

森山's Honey Buket 364

講習合間の日曜日、卒業生の子たちとA先生と僕の6人で飲みに行った。学園48期生の子たちだ。

集まった4人は29歳と30歳の女の子。
こないだまで中学生やったのに…

話を聞くと、彼女たちどうやら昭和生まれと平成生まれに分かれるらしい。同級生なのに生まれた元号が違うって、女性にとってはゆゆしき問題?
案の定、「誰がババアや!」って暫くなじりあっていた(笑)

来年生まれてくる子たちもそんな運命が待っているんだなあ…



ミナミに出るなんて実験学校の集合くらいしかない(笑)
予約されていたのは、道頓堀川のリバーサイドにBBQテラスも設営されたお店。高級感溢れるお洒落なお店だった。

地元の居酒屋か立ち飲み屋しか知らない僕と比べ、今どきの娘さんは素敵なところを知っているもんだ…とひとしきり感心する。


乾杯して程なく、店のスタッフさんから来店者皆に、2組のカップルの結婚が報告された。なかなか素敵な演出で、幸せのおすそ分けをしてもらった。


幸せ…といえば、この子たちも負けて?いない。


4人のうち、1人は間も無く入籍する。その入籍の日は「今年最も縁起のいい日」ってGoogleで検索して決めたんだとか…
隔世の感しかない。
挙式も12月に決まっていて、あとは住まいを最終決定するだけだとか…
この時期は幸せなんやよなあ、なんて30数年前を思い出す。


別の1人は、学園の同級生の男の子と愛を育んでいる。中学生の頃から「わたし将来R君のお嫁さんになりたい!」って公言していたので、もう一踏ん張り頑張って、めでたくゴールを迎えて欲しい。
新婚間もないふたりの寝込みを襲ってやろう!って今から目論む僕である。


また別の娘は、さっきの公言娘が愛のキューピット役を務めて、高校で同じクラスだった男の子と久しぶりに再会。今交際寸前らしい。
「高校・大学と同じだったんだけれどその時はあまり意識してなくって…」て恥ずかしげに話す彼女の目元から幸せの予感が溢れている。


もう1人はガラス職人への道を極めている。尊敬するお師匠さんに付いてかれこれ8年。遠く京都の山奥のそのまた奥で、日々ガラスを吹いている。
目下の熱いお相手は、ガラス君のようだ。
ちなみに毎夜愛用の水割りグラスは彼女が吹いてくれたものだ。だから毎晩、J子頑張れって思ってる。




大いに呑み食べ、大音響で喋りまくった(近隣の皆様ゴメンなさい)&唄いにも行った(笑)


かつて学園に入学してくれるという奇跡が無ければ、この子たちと永遠に出会うことはなかっただろう。

せっかく巡り会えた人たちなのだから、できる限り長く、そして大切におつきあいしたいものだと思う。


幸せな時間だった。








Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.