FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

台風24号が上陸した日

●むこう向きのおっとせい その464


昨日は台風24号が近畿を直撃した。


先日の21号のことがあったので、かなり身構えていたのだが、
幸いなことに大したことはなかった。


外に出るわけにもいかず昨日は一日引きこもって過ごした。


印象に残ったことは、
無料の音楽サイトを見つけてダウンロードしたこと。


これはなかなかによかった。


好きなアーティスト名を入れると、
次次に音楽が流れる。


昔大好きだった吉田拓郎、
ちょっと前からとても気に入ってる斉藤和義を検索して聴いた。


やはり昔の拓郎の歌にはパワーがある。


デビューのころの歌
「古い船を今動かせるのは古い水夫じゃないだろう」


なんだか身につまされる。


老兵は消え去るのみか。


乗り換えの時が間もなく来るのだろうが、
もうちょっとの間、船の端っこで、
手漕ぎで頑張らないとなと、一人つぶやく。



斉藤和義は数年前に、49期のYちゃんに教えてもらってから、
とても気に入ってよく聴いている。


そのYちゃんから、
1月に結婚するというラインが土曜日に入ったのだが、
昨日そのことでしばらくやり取りした。


スピーチをお願いされたのだが、
助手の時から、結婚式では私にスピーチを
してもらうと決めていたと言ってくれたのがとても嬉しかった。


また気を入れて話をしないといけない。



そのあと台風の話になったのだが、
彼女は21号が上陸したときに、
近所は停電になったこと、
マンホールの蓋が取れているのに気づかず、
穴にはまって怪我をしたことなどを書いていた。


幸い怪我は治ったとのことだが、
災害はどこに潜んでいるか分からないと改めて思った。


台風の爪痕を示す写真も添えてあったが、
電信柱が真ん中からぽきっと折れていた。


24号に備えて窓に新聞紙を貼ったとのことだが、
今回は大過なく過ごせたことだろう。



ラインのやり取りをした後
また斉藤和義を聴いてみた。



時は流れて、みんなそれぞれの道を歩いている。


そんな彼らの節目の時に、
たびたび立ち会えるというのは幸せなことだとつくづく思う。



斉藤和義の
「ウェディング・ソング」が心地よかった。




ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.