FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

2010年 春期合宿 星くずの村の夕景

藤原学園は、専任、助手の先生、事務の先生のほとんどが学園の卒業生で、

現在、卒業生でないスタッフは、僕と、星くずの村の田村先生ぐらいです。





































そんな、僕自身も、息子が、60期生としてお世話に成っているので、

事実上、大きな家族の一部として属させていただいていると感じています。



































十数年間とある学習塾で塾講師として勤めていたのですが、

あるきっかけがあって、星くずの村にボランティアとして参加させて

もらいました。



































そこで行われていた行事、人たち、そして、その風土のすべてに

カルチャーショックで、これは、本当に、起こっている

ことなのかと、夢見心地だったのを覚えています。



























中にずっといる方たちは、それが普通だと

感じられているかも知れませんが、何もかも規格外で、

相当ユニークです。



























一番最初に、学園の真髄の結晶である、星くずの村に出会い、

その象徴としての、夕景の美しさに完全にノックアウト。



と同時に、一部の恵まれ、選ばれた人だけが体験している閉ざされた世界であるという

奇妙な感じがして、軽く嫉妬を感じたのを覚えています。



































そして、最終日の星くずカレーライスのうまさにもさらに追い討ちをかけられ(W

気がつくと、現在に至っています♪



なんとか、このすばらしさを、

一般に広く伝える方法はないかと、日々試行錯誤中です。



僕は、写真が好きなので、星くずの村fotologueを立ち上げました。

外から来た人間だからこそ感じ、発見できる

「onlyone」を伝えていければと!



Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.