FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

おふくろさん

●むこう向きのおっとせい その506

昨日選挙に行った後、実家に寄って、
おふくろさんとしばし話した。

この8月11日で、おん歳95になる。

全くボケることがない。

最近人の名前が思い出せないとか、
漢字が出てこないと言うけれど、
そんなものは私の方がもっとひどい。


部屋に上がるとクーラーもつけず、
うちわで扇ぎながらテレビで相撲観戦をしていた。

意外にスポーツ番組を観るのが好きなのだ。

熱中症にかかると大変だから、クーラーつけた方がいいよと言ってみるが、
そんなに暑くないから大丈夫と、涼しい顔をしている。

私は自分が耐えられないので、クーラーをつける。


この間、ひ孫が来たと写真を見せてくれた。

年齢差90歳以上。

とてつもない年月の隔たりだ。

この子が大きくなった時には、自分もそうだったように
ひいばあちゃんのことは全く覚えていないのだろう。


小6の時、急性腎臓炎になって、4ヶ月ほど入院した。

その間ほぼ毎日見舞いに来てくれた。

今思えばいろいろ忙しかっただろうに、
よく来てくれたと思う。

おふくろさんはやはり特別な存在だ。

その無償の愛に支えられて、今まで生きて来られたとつくづく思う。


実家を出た後、車の中でなぜか涙が溢れた。

いつまでも親は親だ。

できうる限り長生きしてほしいと心から願っている。



ではまた。


Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.