FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

夏が終わる

●むこう向きのおっとせい その511

一昨日この夏最後の本科合宿が無事に終わった。

勉強時間も十分に取り、行事も盛りだくさんありと、
今年もメリハリのついた合宿になった。

主な行事として

中学生は「12キロメートルオリエンテーリング」
島の人にどこから来たのですかと聞かれて、
「古江」からですと応えたら、そんな遠いところからと、
随分と驚いておられたとのこと。

ゴールはふるさと村のプール。

歩いた後はプールでクールダウン。

子どもたちはとても元気だった。


今年初めての行事として、
S之介先生の提案で「シュノーケリング」に挑戦した。

大半の子どもが初めてだった。

水を飲まないかと心配もしたが、
子どもたちは「魚が見えた!」と大興奮で、
心配は杞憂に終わった。
これからも続く行事になりそうだ。


天候が悪く「ボートツーリング」は中止になったが、
その代わりにやった、全学年あげての「卓球大会」ではみんな大いに燃えた。


最後の夜の「キャンプファイヤー」は今年も大盛りあがりだった。
子どもたちはそれぞれに出し物を準備して、
出番を待った。

みんなの前でやることは緊張もあるが、
そうして人前で自分を表現することは、
今の時代には必要な力だと思うので、
いい経験になったのではないだろうか。
 
途中で雨が降ってきたので「太陽の間」で続きをした。

トリは和泉姉妹のバレエ。

優雅な舞は最後を飾るにふさわしいものだった。

みんな拍手喝采だった。


実験としては
「ウニの発生実験」「ラムネ作り」「アイスクリーム作り」
「海ほたるの観察」をした。


残念ながら天気が悪く「ボートツーリング」と「天体観測」は出来なかったが、
子どもたちは大いに楽しんだと思う。


閉講式の時に、
「帰りたくない人?」と聞いたら、ほとんどの子どもが手を挙げてくれた。


それを見て、今年も合宿が出来てよかったと心から思った。


この合宿を通して子どもたちは様々な感動を覚えたことだろう。

感動することは人を変えていく。

この体験が、子どもたちを前向きに推し進めていく原動力になれば言うことはない。


何はともあれ、大きな怪我も病気もなく無事に終える事ができてほんとに良かった。



今年の夏ももう終わる。



ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.