FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

今年も恒例の豆腐作りをした

●むこう向きのおっとせい その521

昨日は若江校で、朝から学園恒例の
「豆腐作りだった」

お豆の大変身!と銘打って
30人ほどの参加者が、豆腐作りにチャレンジした。


最初に三大栄養素の話をして、
次に人体模型を使って食べ物の行方と
消化について少し解説。

その後、プリントを使って、豆腐作りの手順を説明した。

一晩水に漬けてあった大豆は3倍ほどに膨れ上がっている。

それを潰すこと約40分。

ミキサーを使えばあっという間だろうが、
この手間をかけるのがいいのだ。

手作り感満載で、お腹もすく。

というのも豆腐が完成したら、
それをみそ汁に入れ、搾りかすのおからに味付けしたのを
(これが毎年驚くほど美味しい)おかずに会食をするので、
お腹はできるだけすいているほうが、
よりおいしく頂けるわけだ。


すりつぶした大豆に水を入れた後、
布に入れてぎゅっと絞って、豆乳とおからを作る。

豆乳を加熱した後、にがりを入れて豆乳を固まらせる。


ここが一番のクライマックスで、
長い時間頑張った結果が出る瞬間となる。


豆乳を入れて、しゃもじで静かにかき混ぜると
ぼろぼろと豆乳が固まる。

その時はみんな拍手喝采である。

それを型箱に入れ、固めたら豆腐は完成!


今年の豆腐は実にいい出来で、
とてもきめ細やかだった。


大豆が豆腐に変身する。

その劇的な変化は子どもたちに、
大きなインパクト与えたことだろう。


最後に、身近なものの中にも科学の要素はいっぱいある。
これからもいろんことに興味、関心を持とうと話をして、
楽しい会はお開きとなった。


この豆腐作りは学園伝統の行事だ。

これからも続けていこうと思っている。


来年もこの時期に、本部校にて実施予定。


卒業生で、懐かしいと思われる方はぜひご参加ください。


ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.