FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

もう自粛はいらない

●むこう向きのおっとせい その554

土曜日のジュニアサイエンスの授業は
小1・2が「イライラ棒を作ろう」
小3・4が「電磁石を作ろう」
小5・6が「種の解剖」
だった。


「イライラ棒」は新しく買ったアルミの線がよくなかったのか、
反応が悪かった。


子どもたちは一生懸命に作ったのに、
思うような反応でなくて、申し訳ないことをした。


猛反省。



小3.4の電磁石はとてもよくできた。


永久磁石と電磁石の違いを説明した後、
電磁石を使った釣竿を作って、
釣りをさせた。


紙に描いた魚に色を付け切り抜き、
それにクリップをつける。


子どもたちは思い思いの魚を作っては釣り上げて、
実験を楽しんでいた。


魚大好きなA君は、細かいところまで描き上げることに夢中で、
魚は一つしかできなかったが、それはそれでいい。


先生に言われたことをやるだけでなく、
自分のやりたいことに夢中になっているA君が、
とても素敵に見えた。


小5・6は種の解剖。


インゲン豆とトウモロコシの種を使って
種の仕組みを説明。


その後は実際に種を解剖して顕微鏡で胚の観察。


そしてインゲン豆の種を切った時に出る汁を
スライドガラスにつけ、ヨウ素液で染めて、
これも顕微鏡で観察。


顕微鏡に現れた、青紫に染まったでんぷんを観て
子どもたちは大喜び。


最後にジャガイモのでんぷんを観て、
ものによってでんぷんの形が違うということを確認して授業は終了。


いずれの実験も子どもたちの反応はすこぶるよかった。


コロナで長いこと実験出来なかった分、
こうして実験できる喜びを実感できる。


もう自粛しないで済みますように。



ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.