FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

笑顔が溢れていた

●むこう向きのおっとせい その557

土曜日若江校でジュニアサイエンスの授業をした。

1.2年は「上皿天秤を使おう」

上皿天秤を一人1台使って、
使い方を説明。

使い方が分かったところでゼラチンと砂糖を量って、
ゼリーづくりに挑戦。

ワーワー言ってた子どもたちが、
食べている時はとても静かだった。

そのギャップがとても可愛い。


3・4年は「光る星座版を作ろう」

夏の大三角、さそり座の説明の後、
工作開始。

配布された夏の星座を厚紙に貼りつけ、
カルコで穴をあけ、セロテープを貼ってから、
着色。それを豆球で照らす。

なかなか手間のかかる作業だったが、
子どもたちは集中して取り組んだ。

そして電気を消してスイッチオン。

いろいろな光を放つ星座版を見て、
子どもたちから「きれい!」と歓声があがる。

1人の女の子が、スイッチを入れた瞬間、
とてもうれしそうな顔をした。

その表情の変化で、
感動していることがダイレクトに伝わってきた。

本当に可愛かった。


5・6年生は「チリメンモンスターを探そう」

チリメンモンスターとは、
チリメンジャコの中に混ざっている小さな生き物のことで、
タチウオやタイ、タコ、イカ、カニの子どもなど、
大人が見ていても実に楽しい。

今回は超レアなタツノオトシゴが3匹も見つかった。

見つけた子どもは大興奮だった。

子どもたちはずっと探してられるといいながら、
嬉々として取り組んでいた。

見つけたチリモンは標本にした。


いずれの実験も子どもたちの笑顔が溢れていた。


この笑顔を見るために実験をやっているようなものだ。


今回も多くの笑顔に出会えてよかった。



ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.