FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

8月実験学校

●むこう向きのおっとせい その561

8,9.10日と実験学校を実施した。


コロナで実施をどうするかかなり悩んだが、
島では村から出ることはないし、
外に出たとしても釣りと海辺の生物観察なので、
地元の人と触れ合うことはないと判断し、
実施することにした。

「子どもたちはこれだけを楽しみにしています。」
という保護者の方の言葉に力づけられ、
プログラムを全てこなした。


1時間目は、「光電池を使ったエコランタン作り」


明るいうちに充電しておいて、
周りが暗くなると明かりが灯るランタンは、
淡い光を放っていた。


2時日間目は「アイスクリーム作り」
氷と塩で-21℃をつくり、
あっという間にアイスクリームが完成。


3時間目は「海ほたるの観察」
例年に比べて、海ほたるはほんとに少なかった。
かろうじて最後の方に見ることは出来たが、
ちょっと残念だった。

天体観測は今回もできず。
なかなか天候に恵まれない。


2日目は実験4時間目の「海辺の生物観察」でスタート。

今年は潮の引きが少なく、
いつもに比べて生物の種類は少なかったが、
タコを2匹ゲットできたのはよかった。

採取した生物は持ち帰って、
図鑑を見ながら名前を確認。

ウニの口である「アリストテレスの提灯」を見せた時は、
子どもたちも大興奮だった。


5時間目は「ウォーターランに挑戦」

手作りの水鉄砲を使って、
先生と生徒に分かれてひたすら水の掛け合いをする。


私も参加。


あんなに水浸しになったのは初めてだったが、
子どもたちとの掛け合いはかなり楽しかった。


夜はキャンプファイアー。

いつもなら運動場でやるのだが、
ご近所への遠慮もあり、
今年は室内で「キャンドルファイアー」をすることにした。

先生たちの劇により、
キャンドルに点火。

ろうそくの炎はとても優しかった。

ゲームはZちゃん先生とMてぃ先生で考えてくれたのだが、
子どもたちは大いに楽しんでいた。


3日目は「フィッシング」でスタート。

いつもと場所を変えて釣りをしたのだが、
よく釣れた。

最高は一人で33匹。釣りも釣ったりだ。

種類は少なかったが、
過去最高の釣果だった。


最後の実験は「瞬間冷え冷えマシーン」

ペットボトルに氷を入れ、
ぬるい缶ジュースを回転させると、
あっという間に冷たいジュースになる。


これはビールを冷やすのにも、
いいかもしれない。


どの実験も子どもたちは大いに楽しんでいた。


そんな子どもたちを見ていると、
実施してよかったと今は思っている。


早くコロナが収束して、
気兼ねなく合宿をしたいものだ。


ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.