FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

ここ最近で感心したこと、うれしかったこと

●むこう向きのおっとせい その569

・小3の男の子が授業前に
「先生、白血球の名前いくつ知ってますか?」
と聞いてきた。

白血球?

言い淀んでいると、
「好酸球、好塩基球、好中球、
Tリンパ球とBリンパ球、NK細胞、マクロファージ」
と聞き覚えのない名前が彼の口から次々と出てくる。

これには驚いた。

どうしてそんなに知っているのかと聞いたら、
「はたらく細胞」という漫画で覚えたとのこと。

そんな漫画のあることを知らなかった。

彼は何度も読んで記憶したらしい。


彼に「その漫画を貸してくれる?」
と頼んだら、早速に持ってきてくれた。

1,2巻読んだが、
体内を擬人化した漫画は思った以上に専門的で、
とても面白かった。

同じく初めてこの漫画を読んだ、
ジュニアサイエンスを手伝ってくれている、
医者の卵のSちゃんも
「とても勉強になる漫画でびっくりするぐらいでした。」
と驚いていた。


こんな漫画を何度も読んで記憶している小3生が
凄いなぁと思った。


・小6の女の子が
コロナで学校が休校中に描いた絵を見せてくれた。

それはとても素敵な絵だった。

一本の木を取り巻く夕暮れの空が
下の方からだんだんに暗くなっていくのが
ブルーのグラデーションで
描かれている。

空には淡い満月が光り、
蝶が星を降らしている。

こんなのを小学生が描くのかと驚いてしまった。

あまりに気に入ったので、
写真に撮ってスマホの待ち受けにした。


・昨日中2の授業の時に
今回の中間テストの結果を書かせた。

その中に初めて平均90点を超えた生徒がいた。

中1の時は平均70点そこそこだったのが
大躍進である。

とても頑張っている姿を見ていたので、
この結果は素直に嬉しかった。

これが自信になって、
いろんな面で大きく成長する予感がする。



子どもはやはり変化の卵だ。


よき方向に変化していくようにお手伝いをする。

それが我々の仕事なのだと思う。


年は取っていくけど、
自分の感受性が鈍らないように
いろんなアンテナを伸ばしておかなくては。



ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.