FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

フィッシングスペシャル

●むこう向きのおっとせい その572

10月実験学校が終わった。


今回はフィッシングスペシャルということで、
多くの時間を釣りに割いた。


出来るだけ釣りの時間を作ろうと、
開校式も港で済ませ、
即釣りをした。


今まではサビキ釣り、浮き釣り、胴付き釣りをしてきたが、
今回は投げ釣りに挑戦した。


今までは手作り竿で、二人に1本だったが、
竿も新調し、1人1本使えるようにした。


まずはキャストの練習。


投げ方を学んでから、
テストを受け、
合格した者から仕掛けをつけて釣り開始。


あまり時間がなかったが、
とりあえずは全員合格した。


夜、高学年は太刀魚の浮き釣りに挑戦。


あたりが出てから、
釣り上げるまでの駆け引きが難しい釣りだが、
半数の子が釣り上げた。


低学年は夜釣りは危ないので、
村にて魚のパウチ作り。


海で釣れる代表的な魚の名前を覚えた。


二日目は朝6時に起床して、
釣り場に移動。


チョン投げ釣りで魚を狙った。


一番のターゲットだったキスは釣れなかったが、
ベラやカワハギが釣れた。


自分たちでキャストして、
魚のあたりを感じた子どもたちは、
時間のたつのも忘れて、夢中で釣りをしていた。


納竿の後は村に帰って、
月の満ち欠けと潮汐、
釣果の関連性を学んだあと、
月がいつ、どの場所にあるのかを調べる装置を作成した。


今の子どもたちはゲームに夢中だ。


そこにはバーチャルな世界が展開する。


釣りは、生身の命あるものを相手にする。


バーチャルの世界に夢中な子どもたちにとって、
釣りは、生あるものの尊さを実感できる機会になっているのではないだろうか。


また移り行く景色の美しさを感じることも
釣りの楽しさの一つだ。


美しいものを美しいと感じる感受性は、
実際に触れることでより豊かになる。


出会った美しい景色や楽しかった体験は、
いつまでも心に残ることだろう。


釣りは子どもたちを成長させる要素に溢れている。


これからも子どもたちと共に
釣りを楽しんでいこうと思っている。


ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.