fc2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

唄を忘れた金糸雀

むこう向きのおっとせい その597

ブログの更新が大幅に遅れてしまった。


この間耳鼻咽喉科に行った。

声枯れが長い間続くので、ネットで調べてみたら、
声帯ポリープとか癌の可能性があるとか書いてあったので、
心配になって病院に行くことにしたのだ。

もし声が出なくなったら、
授業が出来なくなってしまう。
今の自分には、それは最もつらいことだ。

癌と言われたらどうしようと、
かなり不安だったが、
結果は、初めて聞いた「声帯結節」という症状だった。

学校の先生や歌手など、声帯をよく使う職業に多いらしい。

とりあえずは薬を飲んで、様子を見ることになった。

声帯をなくしたらどうしようと心配したが、
その可能性は低くなったので、ほっとした。

病院に行く前に頭に浮かんだのは
「歌を忘れたカナリア」という唄だった。

唄はよく覚えていなかったが、
「唄を忘れたカナリアは~♪」のフレーズだけは覚えている。

自分も「唄を忘れたカナリア」になるのかと思いつつ、
そのフレーズが頭を巡った。


今日薬を飲んだ後、
ネットで調べて聴いてみた。

歌詞を見てこんな唄だったのかと、
ちょっと驚いた。

唄を忘れたカナリアは後ろの山に棄(す)てましょか~
唄を忘れたカナリアは背戸(裏の戸)の小藪に埋(い)けましょか~
唄を忘れたカナリアは柳の鞭でぶちましょか~

その後には
「いえいえそれはなりませぬ」と否定はしているが
唄を忘れたカナリアに対してかなり酷い仕打ちだ。

唄の最後は

唄を忘れたカナリアは
象牙の船に銀の櫂(かい)
月夜の海に浮かべれば
忘れた唄を思い出す

とある。

この「唄」は唄というだけでなく
それぞれにとっての「大切なもの」も意味しているかもしれない。


時に大切なものをなくしたり、なくしそうな時がある。

その時に象牙の船や銀の櫂が、
自分のあるべき姿を思い出させてくれる。

棄てられても仕方なかった自分にとっての象牙の船は、
目の前の子どもたちだった。そう思う。


薬を飲むのがほんとに下手糞なので
飲むのが億劫だけど、
元の声に戻るためにもしっかりと飲まなくては。


ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.