fc2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

にわとりの解剖

●むこう向きのおっとせい その643

先週の土曜日のジュニアサイエンスで鶏の解剖をした。

羽はむしってあるけれど、
頭も内臓も全てついている。

まずは人体模型を使って
人間の体の臓器について復習。

鶏にもほぼ同じような臓器があるので、
鶏と比較しながら説明する。

その後で解剖の要領について説明。

そして実習開始。


まずは皮を切って、食道と気管を見る。


胸肉を切る。

大胸筋(胸肉)と小胸筋(ささみ)を交互に引っ張って
翼が動く様子を見る。

羽を動かすのに、
これだけの筋肉がいるというのを実感する。


内臓の形、色、位置、働きを確認。


心臓を取り出し、下の方を輪切りにする。

左心室が大きいので、左心室の穴が開いている。

そこにスポイトで水を入れると
大動脈から水があふれだす。

全身に血液を送り出していることを確認する。


前胃と砂のうを取りだして切ってみる。

食べたものを確認した後、
砂のうの膜をはがすと、筋肉が出てくる。
人間の胃の筋肉と同じように見える。


小腸にある腸間膜には血管が走り、
栄養分を肝臓に送っていることを説明する。


肺を取り出す。

気管とつながって出てきた肺に
ストローで息を吹き込んでみる。
肺が少し膨らむ。


手羽を取り出し皮をはぐ。

筋肉と骨をつなぐ腱が見える。

筋肉を引っ張ると、骨が動く。


脚の骨を切ると筋が出てくる。

それを引っ張ると、足の指が動く。


ここまでやってくると、もう時間がオーバーしている。

何しろ80分の授業だから、
ここまでが限界。


子どもたちは非常に熱心に取り組んでいた。


この間国語の問題文に、小林秀雄の文があった。

言葉は目の邪魔になるというもので、

奇麗な花だと思って近づいてみると
菫の花だと分かる。

なんだ菫の花かと思った瞬間に、
その人は花の形も色も見るのをやめてしまい、
本来あるものの美しさを
見えなくしてしまうという内容だった。

「そのことを知っているよ」と言葉に置き換えた瞬間に、
そのことに対する興味をなくしてしまうということだろう。


今回解剖した子どもたちは
実際に鶏の臓器を見ることで、
言葉として知っているだけではない、
生きているものへの興味、
関心を深めたのではないだろうか。

そんな時間になっていたらいいのになと思う。



ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.