fc2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

素敵な番組に出会えた

●むこう向きのおっとせい その646

授業が終わり、土曜日のジュニアサイエンスの準備をして、
家に着いたのが0時半。

それからビールを飲んで、
遅い晩御飯。

ビールの後は日本酒の燗を吞む。

テレビをつけてはいるが、あまり気を引く番組がない。

と思ってリモコンをいじってたら、
画面に渡辺貞夫が出てきた。

子どもたちと舞台の上で演奏している。

まだ元気で活躍してるんだと、
思わず見入ってしまった。

故郷の栃木県の子どもたちとの演奏会だったようだ。

もう相当な歳だろうなと思って調べたら、
なんと89歳。

矍鑠として、演奏している姿に年寄りの気配が全くない。

昔と変わらず、相当にかっこよかった。

番組を見たのは終わりの方だった。

ウクライナでの戦争に触れた後、
子どもたちと演奏したのは、
「IMGINE」だった。

その後で「GIVE PEACE A CHANCE]
が演奏された。

子どもたちと演奏する渡辺貞夫の顔は、
目の前の子どもたちに対する優しさ、
戦争の最中にいる子どもたちへの思い、
そして戦争を遂行する者への怒りとが
入り混じった表情のように見えた。

アンコールで演奏されたのは
「花は咲く」だった。

そのサックスの音色は本当に心にしみた

自然と涙が出た。


この演奏会前のインタビューで
来年90歳になる渡辺はその原動力を何かと問われて

「自分に納得していないから続いてるんじゃないですか。
どんな世界でもそうだと思うんですが、
やはり完成というか、いいていうのはないんじゃ
ないでしょうかね」

と答えていた。


こんな風に歳を重ねたいと心から思った。


渡辺貞夫に比べたら、まだまだひよっこだ。

前を向いて頑張ろうと元気が出た。

いい番組に出会たものだ。


ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.