fc2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

渇を入れられた

●むこう向きのおっとせい その670

25日から29日まで冬合宿だった。

11期生から始まったこの合宿も今年で57年。

始まった当初は設備も全くそろっていなかった。

暖房もない。

持ち物の中には毛布というのがあった。

寝具類さえ足りていなかったのだ。

隙間風の入ってくる部屋の中で、
「頭寒足熱がいいのだ。」というヒゲ先生の言葉を受けて、
毛布を膝にまいて勉強していた。

こうして始まった冬合宿だが、
それ以降多くの生徒が、
この小豆島で受験に向けて頑張ってきた。

今年も多くのスタッフに囲まれて、
子どもたちは懸命に勉強に取り組んだ。

学習の後に、例年作文練習もかねて中3生には
毎日日記を書かせている。

少し前までは、専任が毎日添削していたが、
最近はスタッフが日々の添削をしてくれていて、
我々は徹夜学習前だけ書くことにしている。

今年は若きスタッフのNちゃんとK君が、
自分たちも生徒にメッセージを書いてもいいかと
言ってきたのでOKした。

私はいつもは日記を読んで、
1人1人に対して文を書いてきたのだが、
今年は忙しいこともあって、
全員に同じメッセージを書いた。

それに対してNちゃんとK君は一人一人に
思いのこもったメッセージを書いていた。

二人のメッセージを読んだ子どもたちの中には
涙を流しているものもいた。

何人かの子どもから
私にも個別にメッセージを書いて欲しかったと言われた。

ちょっと楽しようと思った自分が恥ずかしくなった。

どんな状況であれ、
子どもたち一人一に真剣に向き合わないといけないのだ。

今年の最後に渇を入れられた。

来年はまた気を引き締めて
子どもたちに向きあっていこう。


今年も大変お世話になりました。
来るべき年が皆さんにとってよき年になりますように。


ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.