fc2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

2024年度の実験学校が始まった

●むこう向きのおっとせい その677

昨日、一昨日と今年度第1回目の実験学校だった。

また新たな実験学校が始まった。


今回のテーマは「薬品の怖さと科学マジック」


まずは薬品の怖さ実験。

毎年やっている実験だが、これから実験をしていく上で
薬品の怖さを知っておくことは大事なので、
やっておく必要はあると思っている。

アルコール、ブタン、硫酸の3つの薬品を使って実験した。

ブタンの実験では、ブタンを閉じ込めたシャボン玉を手ですくって、
それに火をつける実験をして見せた。

火をつけると、しばらく手のひらで燃えている。

子どもたちは手を火傷しないのか、心配そうに見ていた。

もちろん手は何ともない。ちょっと毛は焦げたが。


2時間目の科学マジックは、
善ちゃん先生の、「マジック」を使ったマジックでスタート。
ちょっとややこしい。

スプーン曲げがメインだったが、
全員上手くできていた。


3時間目は封筒の中の文字や模様を読み取る実験。
封筒がマジックミラーのようになる。


4時間目は天体観測。

残念ながら「ポン・プルックス彗星」は見ることは出来なかったが、

春の星座は、春の大曲線、春の大三角を見ることが出来た。


5時間目はフィッシング。

まだ海水温は上がってないので、
あまり釣れないだろうなと思っていたが、
思ってた以上に釣れなかった。

釣果はたったの1匹。

また次にリベンジしよう。


6時間目は水の中で花火を燃やす実験と
二酸化炭素の中でマグネシウム燃やす実験。

普通は酸素がなければ燃えないはずなのだが、
これが燃えてしまう。

なぜ燃えるのかを、子どもたちは一生懸命に考えていた。


最後の実験は「共振」の実験。

棒に糸を結んでそれにワッシャーを通す。

それを糸の長さを変えて、棒につるす。

そして指定したおもりだけを手を触れずに動かす実験だ。

なかなかに難しいが、なれると自由自在に動かすことが出来る。


どの実験も子どもたちは生き生きと取り組んでいた。

これらの実験を通して、
科学の面白さを感じたことだろう。


次回はちょっと日が飛んで、7月になる。

また興味を引く実験をいっぱい用意して、
子どもたちを迎えよう。


ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.