FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

新しい発見

●向こうむきのおっとせい その36

 

今年のウィンブルドンはナダルの優勝で闘いの幕を閉じた。





PhotoAP Images

 

ナダルの強靭な肉体から繰り出されるショットは

ボールが嘘のようにグニャリと曲がったり、ストンと落ちたりと、

何度見ても凄い!とても同じ人間の技とは思えない。

 

最も私のような貧弱な肉体の人間が言っても、

お前と比べるなと一笑にふされそうだが。

 

 

この木曜日、火傷の指も完治しないままテニスに行った。

2週間もしていなかったので、どうにも我慢できなかったのだ。

 

いつものようにはラケットを握れないので、右手は火傷をした薬指と小指以外の3本で持ち、

初の両手打ちにチャレンジした。


 

両手打ちは全く初めてだったので、どうなる事かと思ったが、

これが意外にも思った以上によく打てた。

 

もちろんコーチが随分と気を使ってくれて、

打ちやすい球を出してくれたこともあるのだが、自分でも予想外だった。

 

今までとは打ったときの感触がまるで違う。

別のスポーツをやっているようだった。



 

指のやけどはあまりうれしい事ではないが、

こんな新しい事が経験できるきっかけになったのであれば、

まぁ、悪くはないかと思えてきた。

 

まさにけがの功名。

ピンチはチャンス、人間万事塞翁が馬。

 

 

今週も両手打ちにチャレンジするとしよう!(指の血が気にはなるが・・・)

 

 

ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.