FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

夏休み

森山's  Honey  Bucket  38

 

 夏休みが始まりました。

 

 以前藤原学園の先輩だった先生が、夏休みを前に後輩である生徒諸君に「大切な夏休みを最も素敵に過ごす方法は、日々学校に通っているときとまったく同じペースで時間を使うことだ。」とアドバイスしておられました。

 具体的にはいつもと同じ時刻に起き、朝食を取り、勉強の用意を整えて、お弁当を手に、※学校に行くというものでした。

 

 休み中ですから、※「学校に行く」は正しくは「学校へ行く振り」をして自分の部屋に入るのだそうです。

 

 「毎日毎曜日『学校の時間割どおり』の科目に取り組もう!時間割に合わせることで、次に何をしようか?と迷う時間が不必要になるし、なによりメリハリの効いた時間が過ごせる。」というのがお話の要点でした。

 

 

 例えば金曜日の時間割…

 

 1時間目が英語ならば、学校の英語の宿題か学園の『英語自習教室』に50分間打ち込む。

 2時間目が社会ならば同様に。

 3時間目が音楽なら好きなミュージシャンの音楽を聴く。

 4時間目の数学を終えたら、

 

 お弁当タイム。

 

 その後は一部別の曜日と時間割と入れ替え

 

 5時間目~6時間目は連続体育の授業にして、プールに泳ぎに行く。 

 

 

 なんて具合に、夏休みの生活にリズムを作っていくことができれば素敵だと思いませんか?

 僕も先生の教えに従ってクラスの子たちにこのことを真剣に薦めてみました。 

 

 

 

 「理想だとは思うけど…。誰もそんなことできへんやろう?」と言うあなた。

 

でも、先輩のY君はほんまに実行しましたよ。

 

 

 「クラブどうするん?私、朝練やし。」という君。

 

臨機応変に対応してみて下さい。

 

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.