FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

夏の思い出③

ワクワクの土曜日担当、池畑ことあっくんです☆

本日も僕のヒトリゴトにお付き合いください♪





さてさて、また前回の続き。



四国一周珍道中の第三段です♪





7泊8日の四国1周の旅。



喜びも悲しみも出会いも、後にはすべて「経験」と呼べる出来事がたくさんでした。







徳島から高知への間。



この旅の中では1日あたり最も長い距離を走った。



寝床となるユースホステルに泊まるためには走るしかなかった。



その距離、約150km



道中一番疲れた道のりだった。



その夜、中1の少年2人は初めて子どもだけで居酒屋へ入った



どうしても「カツオのたたき」が食べたかったから。



最高に美味しかった。







高知から旅立つ日の朝。



桂浜の公衆電話から家に電話をした。



いつも通り受話器から聞こえてきたのは母親の声。



ほどなく涙があふれた。



「もう家に帰りたい。」



思わず口に出た言葉。



丁度旅の半分を終えたところ。



一番キツイときだった。



何気なく家で過ごす日々
をほんとうに有り難く感じた。







高知から愛媛への道中。



突然おばあちゃんが声をかけてきた。



「あんたたち、昨日テレビでみたわよ。すごいねぇ。」



僕たちは取材されていない。




誰かと間違っているのは明らかだった。



「これ持っていきや。」



僕たちが否定する隙を与えず、おばあちゃんは手を差し出した。



大きなスイカを1玉とともに。



とりあえず受け取った。







スイカをいただいた後、



僕たちは途方に暮れた。



スイカを食べる手段がない。




道中見つけた喫茶店に入った。



「このスイカ切っていただけませんか?」



事情を説明してお願いした。



親切にも切り分けて、お皿に乗せて出してくれた。



何も注文していないのに。



お礼代わりにスイカを半分渡して喫茶店をあとにした。







愛媛から香川へ。



道中、持っていた水が底をついた。



資金も残り少ない。



また、喫茶店に入ってこう言った。



「お水だけ頂けませんか。」



さわやかな笑顔でお水を出してくれた。



四国の人々は優しかった。



少し度胸が身に付いた。





香川から大阪へ。



「帰りは大阪行きの船に乗ろう。」




行きの教訓を生かしそう誓い合った。



が、神戸行きの船しか出てなかった。



仕方がなく神戸へ。



また5時間近くかけて大阪まで帰ってきた。







全行程約800km。



7泊8日の旅。








たくさんの「経験」を手に入れた旅だった。








どんなに長い旅も「最初の1歩」を踏み出す勇気から始まる。


Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.