FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

非日常体験


森山’s Honey Bucet 43

 

 合宿3日目の夜、小学5年生の子たちはキャンプ場でテントに泊まった。

「星くずの村」では、キャンプ場は山上の天体観測地に次いで高いところにある。

クヌギなどの林に囲まれ、宿舎棟のある下界とはずいぶんと趣きが異なる。

 

 5年生までにテント泊を経験したことのある子は少数だ。

非日常を体験させるためにはうってつけの行事に思われる。

熱中症が騒がれる今年の夏だが、対策をしっかり施して計画を実行することとなった。

 

 テント泊が非日常たるゆえんは

 

① クーラーがない

② 虫がたくさんやってくる

③ トイレが離れている

④ 光があふれていない

 

もちろんテレビも無い。ゲームも無い。

 

 虫については、夕方からテント内やテントの土台下に蚊取り線香などを仕掛け、あらかじめ撃退?している。とは言え、テントの幕から漏れる明かりに誘われて虫はどんどんやって来る。案の定女子のテントからは悲鳴が上がっていた。

 

 暑さの方は、テント入り口の網幕から入る自然の風と、テント内に持ち込んだ扇風機の生み出す人工の風とのコラボレーションにより、「思ったよりまし。」とか「意外と涼しい。」とか、彼らなりに前向きに捉えてくれていた。

 

 昼間の8キロを超える遠足の疲れもあってか、テント内から漏れる話し声もほどなく静かになった。

汗をかきつつも、自然に抱かれよい夢を見てほしいものだ…。

 

 

 翌朝は有志による釣りの後、役割分担を決めて「カレー作り」と「飯ごうによるごはん炊き」が始まった。

 

 僕は「飯ごう」班を担当した。

各自が枯れ草や枯れ枝を集めて、一箇所ずつ火の口を作っていく。

美味しく炊き上がるご飯を期待して、飯ごう担当それぞれが額に汗して取り組んだ。

 

 結果、見事にご飯は炊き上がった。別メンバーたちによるカレー作りも大成功。

 

少し大げさかもしれないが、これらの体験を、将来自らの「家庭づくり」に生かしてほしいものだ…

 
























(溝端先生撮影の一枚)

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.