FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

慣性の法則

●むこう向きのおっとせい その46



慣性の法則とは

物体に外部から力がはたらかないとき、または、はたらいていてもその合力が0であるとき、静止している物体は静止し続け、運動している物体はそのまま等速度運動(等速直線運動)を続ける。

 

 

と中3理科で習う物理の法則である。

 

 

この慣性の法則を身をもって体験した事がある。



小学校の4年生ぐらいだった思うのだが、父親と単車で出かけた時の事である。



季節は初夏。



 後部座席に座っていた私は、心地よい風に吹かれ、

移りゆく景色を見ながら気分は爽快であった。

 

スピードがだんだん遅くなってきた時に、私は何気なく地面を見た。

すると地面はどんどん後ろに流れていく。

まるで地面のほうが走っているような錯覚にとらわれた。

 

それが面白くてしばらく眺めていた。

そしてスピードが随分遅くなったときに、

 

「飛び降りてみよう。」と突然思ったのだ。

 

飛び降りたら、すっくと立っていると自分ではイメージしていた。

 

そして飛んだ。

 

結果は悲惨だった。

 

慣性で前に向かっている私の体は、そのまま前のめりに、地面にたたきつけられたのである。

 

顔面および、膝は血だらけになった。

 

しかし子どもが飛び降りるなんて予想もしていない父親は、息子の惨状に気づかずそのまま走り続けた。

 

自分の予想が違っていたのと、血だらけのWショックの私は、走りゆく父親の単車の後を、泣きながら追いかけた。

 

それを見ていたトラックの運転手さんが父親を追いかけて、「お前の息子が落ちとる。」と教えてくれて、ようやく父親は息子の非常事態に気づいたのである。

 

 

なぜ飛んだのか、今でも謎だ。

 

 

そんな息子を見て笑っていた、若き日の父親との貴重な思い出である。

 

 

ではまた。



(昨日我が家から見た夕焼けです)

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.