FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

「こんにゃく田楽」と「行雲流水」

●むこう向きのおっとせい その53




ヒゲ先生が亡くなって2週間。

まだヒゲ先生がいなくなったことがピンとこない。

 

いま、天文教室にはヒゲ先生の写真と遺骨が置かれている。

教室に入るとヒゲ先生はいつもの笑顔で私を迎えてくれる。

 

しかし写真の下には小さな骨になったヒゲ先生がいる。

 

やはりここにはいないのだと思い知らされる。

 

 

 

25年ほど前、とてつもなく落ち込んでいた私を見て、

ヒゲ先生が一緒にご飯を食べようと声をかけてくれた事がある。

 

ヒゲ先生がそんな事をするというのはまずないことで、私の様子がよほどおかしかったのだろう。

 

部屋に入るとコンロに鍋がセットされていて、こんにゃくがお皿にたっぷりと置かれていた。

 

他には、何もない。ただこんにゃくがあるだけ。

 

余り話さない私を相手に、ヒゲ先生はたわいもない事を話し続ける。

 

ビールを飲み、お酒を飲み、そしてひたすらこんにゃくをゆで、味噌をつけて食う。

 

 

「こんにゃくだけではさすがに寂しいな。」とヒゲ先生が苦笑いしながら言った。

 

 

その時、ヒゲ先生の私を思いやる気持ちが痛いほど伝わって来た。

 

 

別れ際、ヒゲ先生は紙に筆で「行雲流水」と書いて、笑顔で私に手渡してくれた。

 

 

「こんにゃく田楽」と「行雲流水」

再び前を向いて歩き出す事が出来た。

 

 

死者を死せりと思う無かれ

生者のあらん限り

死者は生きん 死者は生きん

                                     ゴッホ

 

 

ヒゲ先生は目の前にはいなくなったけど、

もしかしたら今まで以上に身近にいるのかもしれない。

 

 

ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.