FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

すてきな紅葉だった



●むこう向きのおっとせい その55

 

この土曜日、子どもたちを連れて、

秋の紅葉の観察と葉を採集するために寒霞渓に登った。

 

色とりどりの葉が見事に咲き誇っている。

 

子どもたちは気にいった葉を集めながら、元気な足取りで登っていく。

 

「疲れを知らない子どものように・・・♪」という歌があったが、

まさにその通りで、夢中になっている時の子どもは、

全く疲れないようである。

 

何食わぬ顔をして子どもと登っていたが、坂道続きの道はきつかった。

子どもが「きれいな葉がある。」と坂を走った時には、ついていけなかった。

 

う~ん、やはり年か。

 

 

ところで秋になると葉の色が変わるのは、寒くなってきて葉の働きがおとろえ、

葉の細胞の中で葉緑体が分解されたり、

もともと含まれていない赤色の色素が合成されたりするからで、

 

これは一言で言うと葉の老化現象らしい。

 

 

何だかそう考えるとわびしくなってくるが、

老化現象をきれいだと子どもたちから言われる葉っぱは、

幸せではないかとも思えてくる。

 

 

紅葉を見ながら葉っぱに感情移入したり、何かと感じるようになったことは

楽しい事でもある。

 

年を重ねることはそう悪くはないと思えてくる。

 

ではまた。























(見事な紅葉でした)



(子どもの作品です)

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.