FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

「交換日記」


森山’s Honey  Bucket  56

 

  CY先生のブログを拝見しながら、ふとなつかしく思い出したことがある。

 

 

 

 息子が幼稚園に通い始めるまでは、一緒に過ごす時間がたくさんあった。

 

 午後2時からの出勤だったおかげで、乳母車や自転車に息子を乗せ、あるいは息子が足こぎする三輪車やデラックスな外車(四輪駆動車)の横に付き添い、ときには僕運転のマイカー・カローラに乗って、二人でいろいろなところに出かけた。

 

 息子は小さい小さいときから鉄道が好きだった。

鳥飼の新幹線基地・東花園の近鉄電車の車庫・長瀬駅付近の踏み切り、

いずれも嬉々として目を輝かせた。

 

 

 そんな息子が幼稚園に通い始め、次いで小学校に上がるようになると、

全くと言って良いほど二人で過ごす時間がなくなった。

 

 当時僕が帰宅するのは今よりずっとずっと遅い時刻。

 息子が僕に「行ってきます。」を告げに来る時間帯は、ようやく僕が寝床から這い出す時間帯でもあった。

 

 息子が戻る時刻には僕は既に家にはおらず、

僕が帰宅する時刻には息子は深い眠りのさ中だった。

 

 日曜・祝日も休めないことの連続。

 

 

 子どもとすれ違ってばかりの生活に悩んだ僕に妙案が閃いた。

 

 それは息子と毎日「交換日記」をすることだった。

 

 小学生になったばかりの息子との交換日記。ノートは確か8ます。

一文字一文字丁寧に正しく書くことに気をつけていた。

 内容は、息子に小学校での生活ぶりを尋ねるもの・季節の草花や虫についてのこと・元気に育ってほしいと願う気持ち・クイズ問題・お父さんの仕事について…などなど、

いろいろなメッセージを「息子に届け」と日記に託した。

 

 会えない分、話せない分、毎日2ページも3ページもメッセージを綴っていた。

母親の大いなる応援もあって、息子も一所懸命にそのキャッチボールに参加してくれた。

夜中に日記帳を見るのが楽しみだった。

 ノートも8ますから10ます16ますとます目が増え、

日記帳の冊数も随分たくさんになっていった。

 

 息子が小3に上がる年の春、ヒゲ先生から上本町校の鍵を授けられた。

 「ここは君がやりたまえ。」と。

 そして息子は上本町校開校初年度の小3生として登校できることとなった。

 週に2日の上本町校と2ヶ月に1度の実験学校では、

 生徒と先生の間柄で、日中に顔を合わせることができ、会話できるようになった。

 

 

 交換日記はたしか息子が4年生になるまでに終わってしまった。

 

 

 今、日記帳は段ボール箱の中で重なって、押入れの奥に追いやられている。

 

 しかし、当時の僕と息子の気持ちをいっぱい詰め込んだ日記帳は、

 僕の老後の素敵な宝物になるはずである。

 

 

 追記

 現在、決して優秀でも器用でも無い彼だけれど…

 健康でかつ性格の良いやさしい青年になってくれたことに、たくさんの感謝をしている。


Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.