FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

ラーメンと糸

ワクワクの土曜日担当、池畑ことあっくんです☆

本日も僕のヒトリゴトにお付き合い下さい♪





以前からずっと気になっていたラーメン屋さんに先日初めて行ってきました。





着いたときにすんなりと入れたのは随分と運がよかったようで、



お昼時を過ぎているにも関わらず、僕が食べている間に行列ができていました。





そのお店のラーメンは鶏プラス魚介の濃厚なスープに、お店で手作りの太麺という組み合わせ。



なんとも癖になる味で本当に美味しく頂きました。



若い店員さんの対応もとても気持ちのよいもので、これから頻繁に足を運ぶことになりそうです。







と、別に今日はラーメンレポートをするつもりではなかったのですが、あの味を思い出してしまいついつい書いてしまいました。







さて、ここからが本題。



そのラーメン屋さんが「麺や 紡」という名前だったんです。









「紡」









読めますか?











本来は送り仮名を伴って、









「紡ぐ(つむぐ)」







と読みます。



(このお店は一文字で「つむぐ」と読みます。)








「言葉を紡ぐ」などのように「○○を紡ぐ」という形で普段は比喩的に用いられることの多い言葉ですが、



恥ずかしながら元々の意味をちゃんと知らなかったのでラーメンを食べた後に調べてみました。









「綿や繭(まゆ)を錘(つむ)にかけて繊維を引き出し、縒(よ)りをかけて糸にする。」
(デジタル大辞泉より引用)









だそうです。





要は細い細い糸(繊維)を縒り合わせながら一本の木綿糸や生糸にしていくということなんですね。





なんだか直感的に「良い言葉だな」と思いました。





僕たちは毎日、見たり、聞いたり、読んだり、食べたり、飲んだりしたたくさんの「細い細い糸」を自ら紡いで、「自分」という一本の糸をつくっています。



そして、同じように紡がれた「糸」である「他者」と出会い、織りなされることで「布」という「世界」ができあがる。





広く、遠くに見える「世界」は元を辿れば日々僕たちが紡ぐ「細い細い糸」からできている。





「紡ぐ」という言葉からそんなことを連想することができました。





では、日々どんなものを紡いでいこうか?





僕なら、「笑顔」や「優しさ」、「勇気」といったものを紡いでいきたいなぁ。



それらが溢れた「世界」になって欲しいから。









今日からは講習会&冬合宿。

自分が「世界」に望むものを紡いでいく。

そんな時間にしようね。


Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.