FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

久しぶりのお留守番

森山’s Honey Bucket 60



 中3の冬合宿に参加しなかったのは13~14年ぶりだった。

大阪にお留守番チームの一員として留まり、

他の学年の講習・生き生き理科実験・懇談会を務めた。

 

 今頃…

船内学習だなあ…夕食だなあ…電話帳に向っている頃か…ちゃんと質問してるかなあ…分科会だ…餅つきやってる時分だ…寝る前の日記か…寒いだろうなあ…散策途中夕日は綺麗見えるかな?…スキヤキをわいわいやってるなあ…百人一首で盛り上がってる頃だ…

いよいよ徹夜か…

 

 ふとした折に、何かと問題の多い普段の彼らの顔を思い浮かべてしまう。

 

 島で合宿に参加している中3生は、大阪にいて彼らのことをあれこれ想像しているこちらのことなど、微塵も気に掛けていることはあるまい。

そんなことを百も承知で、それでもあれこれ想ってしまうのだ。

片思い?いや遠くに住まう子どもを想う親心?

まあ、そんなところだ。

 

 徹夜学習に臨む中3生に、大阪の職員から激励のメッセージが届けられる。

徹夜開始の合図を前に、学園長真也先生がそのメッセージを彼らに伝えてくださる。

例年、そのときの彼らはいつにない真剣な様子に変身する。今年の子たちはどうだったろう?

 

 初めて届ける側になった僕は下のようなメッセージを発信した。

どう聞いてくれたかなあ…

  

 

  

楽しいことは大好き。

辛いことは大嫌い。

明日にだってできることなら、今日はもうこれ以上頑張らない。

したくないことをしない理由はいくらだって思いつく。

自分が可愛い、だから自分で自分をいじめない。

 

多くの人に当てはまる本音だと思います。

僕もまさにそんな一人です。

 

でも、一生に幾度かだけでも、

「このときだけは頑張りぬいた。やりきった。」

と振り返ることのできる経験を持つことは、

きっと素敵なことだと思います。

 

いつか、自分で自分をしっかり褒められるからです。

 

トイレも、綺麗にすることなしには、女神様は出てきてくれません。

勝利の神様に出会うために、神様の心に届くよう、しっかり扉を叩きましょう。

 

       僕も中3のときしっかり徹夜を乗り越えた、20期森山より





追記



 今年はヒゲ先生のことで、たくさんのご心配をおかけしました。

たくさんのお励ましをいただきありがとうございました。

 職員一丸となり、しっかりとしたスクラムを組んで、難局を乗り越えるべく励んでまいります。

次年度もどうか応援ください。



 皆々様にとって素晴らしい新年になられますよう、お祈りいたします。



 

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.