FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

世界一の知恵

 ワクワクの土曜日担当、池畑ことあっくんです☆
本日も僕のヒトリゴトにお付き合い下さい♪

 

 

「世の中でもっとも偉大な知恵・知識とは何だろう?」

 

 

 

 


これはとある国の物語。


 






 


その国には大変なまけものの王様がいました。


 






 


けれども彼は王様なので、望んだものは全て手に入ります。


 






 


「美味しいご飯が食べたい。」「格好いい服が欲しい。」


 






 


そう言えば、すべて家来が王様のもとに持ってきてくれました。


 






 


でも、王様はどれだけ物を手にいれても全く幸せではありません。


 






 






 






 


ある日、王様は家来たちを集めてたずねます。


 






 


「人間が手に入れるモノの中で最高のモノは何だ?」


 






 


一人の家来が答えました。


 






 


「それは”知恵”でございます。王様。」


 






 


「ほう、”知恵”か。それはどうすれば手に入るのだ?」


 






 


「”知恵”は苦しみを経ることによって手に入るのです。」


 






 


なまけものの王様はさらにたずねます。


 






 


「”知恵”というのはどこで見つけることができるのだ!?」


 






 


「”知恵”は本の中にございます。」


 






 


そう家来が答えると王様は家来たちに次のように命じました。


 






 


「この国にある全ての本を買ってこい!俺は”知恵”を手に入れるのだ!」


 






 






 


間もなく、数千冊にものぼる本が王様のもとに届けられました。


 






 


そして家来が言います。


 






 


「この本の中にたくさんの”知恵”が詰まっています。さぁ、読んで下さい。」


 






 


しかし、そこはさすがなまけものの王様です。


 






 


「たしかに俺にはこの本を読むだけの時間は十分にある。だが、俺はそんなことをしたくない。お前がこれらの本を全て読み、そこにある”知恵”だけを俺に教えるんだ。」


 






 






 


数十年後。


 






 


命じられた家来は数千冊の本に書かれていた”知恵”を五冊の本にまとめることができました。


 






 


家来は早速その本をもち王様のもとに向かいます。


 






 


「王様!たいへんな時間がかかりましたが、世界中の全ての”知恵”がこの五冊の本にまとめられています。さぁ読んで下さい。」


 






 


しかし、王様の口からでた言葉は、


 






 


「多い!多すぎる!!」


 






 


で、全く読もうとしません。


 






 






 


それからさらに数年の年月を費やし、家来は一冊の本に”知恵”を要約しました。


 






 


さすがのなまけももの王様も一冊の本ならば読んでくれそうです。


 






 


そう思い、家来が王様に本を届けにいくと、予想外の言葉が王様から返ってきたのでした。


 






 


「まだ多すぎる。俺は一冊も本を読みたくはない。”知恵”を一文にまとめてこい。それなら読んでやる。」


 






 






 


さらに数年間の年月が流れました。


 






 


その家来は一枚の紙を持って王様のもとを訪れます。


 






 


そう、その紙には全世界の”知恵”の結晶である一文が書かれているのです。


 






 


家来が王様に紙を手渡すと、王様はゆっくりと紙を開きました。


 






 






 






 






そこに書かれていたのは…

 

 

 

 

 

長くなったのでまた来週。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.