FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

季節はずれの花火


●むこう向きのおっとせい その70



前期入試の発表も終わり、中
3生の入試も後期試験を残すだけとなった。


 


前期の結果は、今年から実施された文理科で涙をのんだ生徒もいたが、

それ以外は心配していた生徒も合格してくれた。


 


長年通ってくれた生徒が多かったので、その結果にはほんとに安堵した。


 


文理科で悔しい思いをしたものも、今は後期の入試に向けて懸命に頑張っている。


この頑張りが報われることを願うのみである。


 


 


さてそんな入試の時期ではあるが、理科の授業は実験をしている。


 


この間若江校では花火の実験をした。


 


炎色反応の最も派手な実験で、学園では伝統の実験の一つである。


 


まずは炎色反応の基本の実験をし、その後花火作りに入る。


 


10種類の薬品を量り、それを調合して紙縒りにしていく。


 


薬品の分量を間違うと危険である。


 


出来上がった花火を持って公園へ。


 


マグネシウムとストロンチウムのまばゆい閃光。


アルミニウムの優しい光。


線香花火の穏やかな燃焼。


 


自分たちの作った花火の意外な美しさに、子どもたちは歓声を上げる。


どの顔も笑顔に溢れている。


 


これまでたくさんの実験をこの子たちとしてきたが、


こんな素敵な時間を持てるのもあとわずかだと思うと、


花火の光がなぜか寂しく思えてくる。


 


全ては移り変わっていく。


物事の終わるときの切なさをいくつも経験して、人は年を重ねていくのだ。


 


 


なんて感傷的になっているのは、おそらくこのおじさんだけなんだろうなと思いながら、


季節外れの花火の輝きを眺めた。


  


来週はいよいよ最後の授業となる。


また思い出に残る実験をして、別れを惜しもうと思う。


 


ではまた。




Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.