FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

トイカメラのゆる~い写真

写真は先日の星くずの村を普通に撮影したものです。



































性能の低い?カメラとフィルムを使うと、このように写ります。

ピントもぼんやり。色も、少しおかしいです。



































モノクロフィルムや、セピアフィルムとあわせると、

こんな感じに写せます。思い出の中の風景といった感じです。





































いかがですか?

びしっと、きれいに写っていなくても、

ゆる~く、むしろ、カッコいい写真である気がしませんか?



最近は、スマートフォンや、デジタルカメラの内蔵エフェクトでも

「トイカメラ処理」が標準で備わるぐらい、市民権を得てきました。



デジタル処理で作った、トイカメラっぽい画像と、

トイカメラ+フィルム+印画紙で焼き付けた

写真とでは、まだまだ大きな壁があって、

普段は¥100万近い高級機材を使っている写真家も、

あえて、チープなトイカメラで作品を作ることがあるぐらいです。









2011年度の本科生春期合宿小5、6では、

プラモデルトイカメラを作成します。



詳細は、当ブログの過去ログを参照してください。

2010/03/09 15:49

http://fujiharagakuen.gjpw.net/Entry/134/





作成したカメラを使って、合宿中に早速写してみたい方は、

フィルムを事前に準備しておくのも良いでしょう。





対応フィルムは、一般的な35mmです。

APSフィルムではないので注意してください。

内蔵フラッシュが無いため、ISO400~ISO800の高感度フィルムがお勧めです。

ISO1600まで欲張ると、逆に室内でしか写せなくなります。

ISO100の低感度フィルムだと、日中屋外でしかうまく写りません。



写真撮影のコツについては、

当日いろいろと説明したいと思っているので、楽しみにしてください。



「写真は、携帯電話カメラがあれば十分!」

という方も、実際に撮影してみて、偶然撮れるアーティスティックな作品の

魅力にはまってしまうかも?!



Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.