FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

桜と原子力

ワクワクの土曜日担当、池畑ことあっくんです☆

本日も僕のヒトリゴトにお付き合い下さい♪





雲ひとつない青空。



麗らかな春の日差し。



まだ冷たさの残る風。



今里本部校へと向かう自転車がとても心地良い講習期間でした。





布施を超えて内環で出る手前にある足代公園。



たくさん植えられた桜の木々が日増しにピンクを増やしていく。



それを見ながら出勤するのが毎日の楽しみでした。





講習最終日にはほぼ満開の桜。



せっかくなのでお弁当を買って公園で食べることに。



そこには、小さな子どもを連れたお母さん、車椅子で楽しげに歌を口ずさむ老人、春休み最後の日を謳歌する小学生。



たくさんの人々が桜の元に集い、桜に負けじと笑顔を咲かせる。



そんな中で頂くお弁当は格別の味わい。











数十年前か、それとももっともっと前なのかそれはわからない。



わからないけど、間違いなくこの桜の木々を植えてくれた人がいる。



何年、何十年と先にその桜によって喜ぶ人々を想像しながら植えてくれたんじゃないかな。



そのときにはまだ花も咲かせない小さな苗木を。







今、日本では原子力発電所が大きな問題となっている。



今回のような震災が起こったときの事故によるリスクや使用済み核燃料を処理するためのコスト。



たくさんの人達が原発に反対をしている。



僕もそのうちの一人だ。





でも。



「これから先、いずれ化石燃料がなくなる日がやってくる。そのときにも自分たちの子孫が不便なく暮らせるように。」



今からずっと前に原子力による発電を研究し、開発してきた人たちはそんな想いだったのかもしれない。



桜を植えた人々と同じように。







今の原発にはやっぱり賛成はできない。



ただ。







先人達が持ってくれたであろう未来を想う気持ち。

それはしっかりと受け取り、受け継いでいこう。









Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.