FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

人の役に立つ

森山’s Honey Bucket 78





 実験学校の二日目の朝のフィッシングで…

 

 一人の男の子が

「釣竿が壊れたから直してほしい…。」とやってきた。

 

 職員として釣りの行事に何度も関わる立場なのに、

僕は全くといっていいほど釣りのことを知らない。

 

 

 釣り針や浮きの付け方も、

どんなタイミングで竿を引き上げるのかも、

魚からうまく釣り針を外す方法も、知らないこと尽くめだ。

 

 加えて、子どもたちが釣り上げた魚の名前も知らず、

「先生この魚何?」と尋ねられても、

「さ~て、何やろ?○○かなあ??」と、自信をもって答えられたためしがない。

 

 子どもが上手く魚を釣り上げれば、一緒になって喜び騒ぐ。

だが、専門知識ゼロでなので、肝心なところで何一つ子どもたちの役に立てない。

 これが釣りの時間のいつもの僕だった。

 

 

 そんな役立たずの先生であることを知らなかったのだろう、

○○君は、釣り糸がリールに複雑にからんで、にっちもさっちも行かなくなった竿を、

僕に託すべく近づいいて来たのだ。

 

 

 いつもの僕ならば、即、他の先生を紹介して

100%責任逃れをしてしまうのだが…。

 

 

 釣りをしたい一心でわざわざ「マイ釣竿」を持参した彼の、

なんとも言えぬ困り顔が気の毒に思えてきて、

いつもの「責任逃れ術」を用いる気が失せてしまった。

 

 

 ひとまず絡まった糸・リールとめっこしてから、試行錯誤を始めた。

 

 そして、思い切って部品の一つをはずしてみることにした。

 (もし竿を修復不可能な程に破壊してしまたらどうしよう…そんな思いが頭をよぎった。)

 

 しかし意を決して部品を外してみたことで、解決の糸口がつかめた気がした。 

 次の部品もはずしてみた…慎重に、慎重に。 

 何とかなりそうだ…。

  

 それなりの時間は要したが、やっと修繕が完成した。

 

 とても嬉しかった。 

 

 

 「お~い○○くーん、直ったで!!』遠くにいた彼に向かって叫んだ。

 

 彼は走り寄ってきて、何とも嬉しそうな笑顔で

 「本当?ありがとう。」と言ってくれた。

  

 

 人の役に立つってこんなことやなあ… 

 今まで自分が避けてきた領域で、人に喜んでもらえる役割を担えた… 

 とても充足感を得ることができた。

 

 

 そんなやりとりを見ていたのかな?林先生(釣りの達人)が僕に声を掛けてくれた。 

 「これからは釣竿の故障修理は森山先生に任せよう!」と。 

 達人からも褒めてもらえたんだ! 

 

 人は褒められて伸びる(笑)。 

 

 「言うてや!何でもやりまっシェ。」

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.