FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

花束

森山’s Honey Bucket 79

 

 「母の日」のを前にしたある日のニュースから。

 

 津波で塩害を被った園芸農家。

駄目だとあきらめていた畑に、たくさんのカーネーションが花をつけた。

泥を被ったカーネーションは正規の売り物にはならない。

しかし健気に花芽を膨らませたカーネーションの「生命力」に心打たれた農家の方は、

一株一株を丁寧に水洗いして、いくつもの小さな花束にした。

そしていつもの10分の1程の価格で庭先の台に並べてみた。。

 それを知った避難所の人たちがたくさんやって来て、その花束は瞬く間になくなった。

 

 色鮮やかなカーネーションを手に、笑顔をほころばせる人もいれば、

「亡くなった母が好きだった…」と涙を浮かべる人もいる。 

 ニュースに映し出される人たちの表情は様々だったけれど、

その花たちに向けられる眼差しは皆、とても慈しみ深いものに感じられた。

 

 

 人は感謝の気持ちを「花」に託して伝えることがある。     

 

 一年のうちでも一際「花」が美しい季節を迎えた。

 

 神様へ、                                 

 今、この国の大地に咲く花々を、

 そちらに召されたそれぞれの方へ、

 感謝の気持ちと共にお届けください。























Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.