FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

好き+嫌い=愛?

ワクワクの土曜日担当、池畑ことあっくんです☆

本日も僕のヒトリゴトにお付き合い下さい♪





気持ちの良い風の吹く、たいへん過ごしやすい時期になりましたね。

緑の映える生駒山を眺めていると、山登りをしても気持ちいいかもしれないな〜なんて思ったりもします。

どちらかと言えば山に行ってBBQの方が好きな僕ですが。





巷では登山が流行りになっているのか、「登山関連」の情報がちょくちょく入ってきます。



友人の何人かが登山にハマって、その話を聞いたり。



また別の友人からは一緒に山登りをしようとさそわれたり。



そういえば、去年の今頃だったと思いますが栗城史多さんの『一歩を超える勇気』という本にも出会いました。



61c5bee5.jpg





栗城史多さんの公式HP





そんなこんなでこれも何かの縁、というわけで先日、







『岳-ガク-』







という映画を観てきました。









もちろんのこと映画中では山の魅力がたっぷりと描かれています。



特に好きなのは何度か出てくる山の中や山頂で淹れたてのコーヒーを飲むシーン。



「雄大な景色をバックにして飲む熱々のコーヒーは間違いなく美味しいだろうなぁ。」



なんて思っていると、それだけで山登りの動機になりそうでした。





ですが、それと同じくらい描かれているのが山の無慈悲なまでの恐ろしさ。



パックリと口を開けたクレバスや、豹変する天候、襲いかかる雪崩。



それらはときに、人の命さえも奪っていく。



スクリーン越しに観ているだけでも十分に恐ろしさが伝わってきました。





登った人の心に深い感動を与える山も、



大切な人を傷つけてしまう山も、



どちらかだけが山なのではなく、



全部ひっくるめて山なんだ。



そして、山を愛するということはその全部を愛するということ。



そんなことが伝わってくる良い映画でした。





これは山に限らず、他のモノや人でも同じ。



自分にとって100%都合の良いモノや人なんて存在しえないのだから。





それぞれが良いと思える部分と嫌だと思える部分をあわせ持っている。



たまたま良いところを見れば好きになり、嫌なとこをを見れば嫌いになる。





入り口は好き嫌いのどちらでも、たまたまそのときには見えていない部分が必ずある。



だから何度も何度も関わって、見えていなかった部分を見て、そして全部丸ごと受け入れる。



それが最良の関わり方なのかもしれない。





だから島崎三歩はこう言う。

「また、山においでよ。」


Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.