FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

道案内

森山’s Honey Bucket 80 


 

 「わからないこと」を、「わからない。」と正直にいうことは簡単なことではない。

 

 

 まして、「どこがわからない」とか、

「ここまではわかったけれど、ここからわからなくなった」とか、

自分の置かれた状況を分析して人に伝えるのは至難の業だ。

 

 

 知らない街で道に迷った人が、

ここまで通ってきた道を他人に説明したり、

回れ右して通ってきた道を逆にスタート位置まで戻ったり、

することができるだろうか?

 

 目的地へ急ぐ人が迷いなく歩いているのを見ると、

「あの…僕、どう行けばいいかわからないんです。」とは言い出せない。

それが立ち往生した者の気持ちなのではないか?

 

 

 

 テストを目前にして途方にくれる子たちのほとんどは、

どの辺で道に迷ったのかわからなくなった旅人のようだ。

 

 それぞれに目的地へと向かおうとする責任感は持っている。 

ときに、「応援してくれている家族のためにも、頑張らなくては。」と健気ですらある。

 でも思うように道を探せない。目の前の問題に手が付けられないのだ。

 

 

 そんな彼らに、僕たちが役立とうとすれば、

 

彼らの勇気を後押しして、「これ、わからんねん。」と尋ねやすい環境をつくること。

 

 

 そして、一つの「質問」にじっくり付き合う姿勢を持つこと。

 

「僕の投げかけた質問に、目の前の先生が真剣に応えようとしてくれている…。」

 

 そんなことを確かめながら、子どもたちは「質問してよかった。」と思ってくれるのではないだろうか…。

 

 

 

 「わかった。」という安堵がほっぺたに表れたとき、その顔は確かに素敵になる。

 

 それを間近から見られるのが「勉強会」のよいところだ。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.