FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

理科実験


森山’s Honey Bucket 83

 

 

 上本町校の小学生は土曜日に理科の実験学習をしている。

 

僕と林先生が授業を担当、助手の先生や事務の先生が実験の盛り立て役だ。

 

 

 先週の土曜日も2時から7時までの5時間は、

 

入れ替わり立ち代わりにやってくる各学年の子たちで、

 

お祭りのような大騒ぎ?だった。

 

 

 お祭りのような…とは言ったけれど、

 

もちろん学ぶべきことはガッチリ、考えるべきところはしっかり、

 

学習した上での大興奮だ、と僕は思っている…

 

(でも子どもたちはどうかしら?)

 

 

 僕担当の2年・4年・6年の実験メニューは

 

 2年は「折り染め電気スタンド作り」

 

 4年生の「顕微鏡実習」
 

 6年生の「木の蒸し焼き実験(木炭作り)」だった。

  


 

 まず、小2の折染め電気スタンド

 

  和紙を屏風折り→三角折りし、染色液ダイロンを使って染色。

小2生たちには、紙をきちんと折るのもなかなかむずかしい。

 各自が色の組み合わせや染め時間を決めるので、決して友だちと同じ仕上がりにならない。

それがいい。

 子どもたちは自分のと友だちのとを見比べながら大喜び。

 

 「先生!誰のが一番うまい?」作品に自信のある子は必ずそう言ってアピールしてくる。

「そうやなあ、誰の一番かなあ…」と言いつつ、

「○○君のはここがいい。」「△△君のはココが素敵だ。」

と出来る限りそれぞれの「素敵」を評価するよう努めている。

 

 「僕のもいいけど、◎◎君のもいい。」

子どもたちがそんなふうに友だちの作品を認めるようになると、しめしめ…と微笑んでしまう。

 

 

 次に電気配線。導線同士をきちんと繋ぐことがとても大切。

正しい結線方法をしっかり真似するように指示する。

 真似することも大切な学習方法だ。

 

 「僕の豆電球が点かない…」と涙目になっている子に、落ち着いて原因を探らせると、豆電球がソケットにちゃんとはまっていないだけ、ということがよくある。

 そんな子たちも経験を積むうち、直列・並列の特徴だって頭に入れ、やがては複雑な回路図も読めるようになるのだ。

 

 

 

 ものをつくる楽しさは、その過程において、「完成像=成功像」を頭に描き、

そこに向かって工夫を重ねるおもしろさ、だと説明できる。

 

 工作をしていて、どこかしら「にやけ顔」の子は、

これから辿りつくだろう作品の完成形を想像して、微笑んでいるのに違いない。

 

 

 かくして悪戦苦闘の末、下のような作品ができあがった。

 

子どもたちの満足げな?笑顔がいいでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

  









この調子で3つの実験を報告することはあきらめました。一部の写真のみ掲載します。 




Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.