FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

むこう向きのおっとせい その8

●いっぱいの笑顔に会った

 

19・20日と小豆島「星くずの村」に「実験学校」の生徒を連れて行った。


 

両日ともものすごく寒い日で、

島に着いたら日本庭園横の天の川の水が凍っていたし、

木星の間の入口にある温度計は0度ジャストを指していた。


 

「実験学校」は一泊二日の実験三昧の合宿

今回は実験が4つと、天体観測、釣り、フィールドビンゴ、

すき焼きパーティー、クリスマス会と

息を抜く暇もなく行事が続く。



しかしながら、子どもたちの純粋な反応や笑顔を見るのがうれしくて、

あっという間に楽しく時間は流れていく。


 

毎回天体観測をするのだが、今年はなかなか天候に恵まれなかった。

しかし今回は「冬の大三角」「冬のダイヤモンド」と見事な星空を見ることが出来たし、

天の川も見ることが出来た。




日本庭園にゴザとマットをひき、毛布にくるまっての観測だった。

気温は零下2度。あまりに寒いので早めに切り上げようと思っていたのだが、

子どもたちは予定の時間が来てももっと見たいと、見ることをやめなかった。

何をするにも一生懸命の子どもたちだ。


 

子どもたちを親御さんの元に無事に返すまでが、我々の仕事である。

 

昨日は親御さんを待っている間に、素敵な人に出会った。

 

子どもたちに飴を配りながら、笑顔を振りまいていた外人のサンタさん。


一言二言声をかけながら子どもを見つけては飴を配っている。

 

もらった小さな子どもは「サンタさんにもらった。」と興奮気味にお母さんに報告し、笑顔いっぱいだった。

見ているこちらまで楽しい気分になる。





そのあとでよちよち動き回る見知らぬ子どもとしばしたわむれる。

とても可愛かった。小さな子どもの仕草は見ているだけで、こちらが笑顔になる。


 

無事に仕事を終えた後の,疲れを吹き飛ばしてくれる、楽しいひと時だった。

 




笑顔には人を優しくさせるエネルギーがある

 

ではまた。 





 







(トナカイを買った。この店の店員さんも素敵な笑顔だった。)                 真也

                  

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.