FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

一期一会

●むこう向きのおっとせい その85



16日17日と桐蔭中学の理科実験合宿があった。

 

今年は一クラス増えての6クラス。

 

カエルの解剖・薬品の怖さと面白さ・金貨銀貨作り

化石コハク磨き・花火作り・LEDを使った光の実験

 

の6つの実験を子どもたちに体験してもらった。

 

 

自分は薬品の怖さと面白さの実験を担当。

 

まず最初にアンモニアの匂いを嗅ぐところから実験スタート。

 

手で仰いで嗅ぐというのは知識として知ってはいるのだが、

実際に嗅いだ事がないので、まともに嗅いでしまう子が続出。

しかしながら隣の子が涙を流してのけぞっているのに、

それでも怖がらずに嗅いでくる。

 

自分で確かめないと気が済まない。この姿勢がほんとにいい。

 

アルコールを机に垂らして火をつけたり、ブタンガスを燃やしたり、水素を爆発させたり、

硫酸を雑巾にたらしたり、塩素酸カリウムと赤燐を混合させて爆発させたりと実験の連続だったが、

子どもたちの反応はすこぶる素晴らしかった。

 

初めて出会ったにもかかわらず、ひとつの空間が出来上がっていく。

 

こちらの一挙手一投足に敏感に反応してくる。

こんなに楽しく授業を出来ることはそうそうない。

実験をしていて幸せを感じた。



 

最終日の夜、自分たちで作った花火に点火してすべての実験が終了。

 

 

最後に実行委員の代表の女の子が、全員の前で我々に感謝の言葉を述べてくれたのだが、

緊張で言葉が何度か出てこなかった。

 

書いたものを持っているので、見ながら言ってもいいところを、

懸命に思い出しながら、気持ちを伝えようとしている姿がとっても印象的だった。

 

後で見たら泣いて友達に慰められていたので、

「とってもよかったよ。」と声をかけた。

 

 

ほんとにいい時間を共有できた。

 

 

彼らに出会えたことに、むしろこちらが感謝したい。

 

 

一期一会の出会い。

 

 

彼らの未来が輝くものになることを遠くから応援するとしよう。



 

ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.