FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

「バベルの塔」

こんにちは











C Y ( コンパクト ヨコヤマ ) です。







スーパーコンピューターで凄まじい計算能力を発揮できたとして

それにより 人類は様々な病気を克服できたとして

さてその先 人類は幸せになれるのだろうか?





子どもの頃は 日本には資源がない と教わってきた

        (が、どうもこれも違うようだ。 日本列島沿岸には資源が眠っているらしい)



そして この先も電気を使い続けるだろう

それなら原子力だ

という考えが 浅はかだったと



今になって気付くべきだろう





放射能などコントロールできていない  ということは

人間が扱ってはいけなかったのだ という思いが どうしても強くなる







何が起ころうと たとえ天地が裂けようと 母は子を守るであろう

その胸に しっかりと抱きかかえながら

母は自分自身の背中で 危険を受け止めながら・・・

たとえ放射能が降ってこようとも・・・









今は夏 やがて秋になり そして冬がやってくる

そのとき 

受験学年の生徒たちは入試に直面する



そんなとき 母は何もしてやれない 代わってやることはできない

そばにいて ただ応援することしか出来ない





しかし 子どもたちは 心の底では分かっている

母が誰よりも大きな心で応援してくれていることを



進路には迷い悩むものである

正しい答えは

数年経ってから 分かることもあるだろう

今は 一人で考え込まず お家の人としっかりと考えることが必要





答えを求めるというよりも

何が自分にとって一番大事かを

一番やりたいことは 何なのかを

お家の人としっかりと考えることが必要







そして 自分なりに責任を持って 行動する





何も心配は要らない そばに母がいるから・・・









では、また来週金曜日に・・・。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.