FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

半年を経て

 ワクワクの土曜日担当、池畑ことあっくんです☆





本日も僕のヒトリゴトにお付き合い下さい








July、文月、7月。





というわけで7月になりました☆


2011年も早いもので折り返し地点ですね。








ちょうど半年前、2011年を迎えたときのことを覚えていますか?























「今年はこんな年にしよう!」





「2011年はあんなことにチャレンジするぞ!!」








なんて、目標を立てていたかもしれませんね。











では今度はここ最近を振り返ってみましょう。





























元旦に思い描いていたような日々を過ごせていますか?





























「もうバッチリ!予定通りできてる!!」











と言えたら素敵ですね♪

















でも…

















「う~ん、イマイチできてない。」

















さらには…




















「そういえばそんな目標を立てたりもしたよなぁ…」














なんて遠い昔のことになってしまっていたり。























ありません?(笑

















僕はしょっちゅうです^^;

















何かの節目のときにはテンションが上がって、勢い良く目標を立てる。





でも、数日もすればテンションは元通り。





いつのまにやら目標を立てたことすら忘れたり。

















僕はしょっちゅうです^^;




















2回も繰り返して強調してしまいました。














さて、そんな僕みたいな人は「目標を立てて、それを達成するために努力をする」という「目標達成型」は向いていないのかもしれません。








この「目標達成型」というのは明治以降に西欧から輸入された成功哲学だとも言われます。














では元々日本にあった成功哲学とは何か?








それは、














「天命追求型」














だそうです。














天より与えられた目の前の課題を全力で成し遂げる。








それを繰り返すうちにいつの間にか「成幸」するのが「天命追求型」です。














皆さんご存知の豊臣秀吉は、初めから「天下統一」などという目標は持っていませんでした。








雑用係のときには雑用係の仕事を全力でする。





足軽になれば足軽として全力を尽くす。





侍大将になったときも侍大将の出来ることを全力で成し遂げる。








そうしていくうちに天命に運ばれて大名、そして天下人になったのが豊臣秀吉です。











同じ日本という地に生まれ育つ僕達には「天命追求型」の方があっているのかもしれませんね。














この話は最近読んだ、








『人生に悩んだら「日本史」に聞こう 幸せの種は歴史の中にある』


ひすいこたろう 白駒妃登美 ()


3a2e86aa.jpg











からの引用です。











「こんな素敵な日本史があったのか」





と思える素敵な本でした。





良かったら読んでみてくださいね。














「YOU〈ゆ〉」×「ME〈め〉」=「夢」


あなたと私でみる”夢”は現実になります。


(ひすいこたろう)


Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.