FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

5人の約束

森山’s Honey Bucket  87

 

 

 父が亡くなってからというもの、母は父との会話の時間が随分増えたようだ。

 

 

 若い頃から亭主関白で、専制君主的だった父に、近年の母はようやく反撃の狼煙を上げていた。

 

 昔はこんなことを言われたとか、あんなことをされたとか、生前の父は随分恨み節を聞かされていた。

 

 「ああ、怖い怖い…。そんな昔のことをよー覚えてるなあ…」と父も苦笑していた。



まるで、昨日のことのようだ。

 

 

 ところが、このところ、

 

 「おじいさん、こんなにあっという間に死んでしまうんやったら、意地悪いことなんか言わんといたらよかったね…。」

 

 「思い返せば思い返すほど、おじいさんの良いところばかりが浮かんくるわ…。」

 

などと、頻繁に父に語りかけている。

 

 

 

 共に苦労しながら歩んできたので、信頼しきってきたのだなあ…としみじみ感じる。

 

 

 

 そんな母が時おり、

 

 

 「おじいさんが、『こっちでは一人で寂しいからお前も早う来い。』って近々に私を誘いに来るような気がする。」とか

 

 「私の遺影には、どの写真を選んでもらおうかしら…」とか、

 

 ドキッとするようなことを言う。

 

 

 母に元気を出してもらえるよう、できるだけ一緒に居て話をしたり、傍らで作業をしたりする日々だ。

 

 

 今日の作業は、大工仕事だった。古い父母家の雨漏りの修繕だ。

 

 おじいちゃんは、こういう仕事を器用にこなしたなあ…と思いつつ、

 

天井裏から降り落ちる土埃をかぶりながら、なんとか一歩だけ前進した。

 

 

 

 今年は母の大好きな鈴虫が見事に孵化し、たくさんの幼虫が飛び跳ねている。

 

鈴虫の世話を一緒にしていたら、

 

 「おじいさんに、鈴虫の鳴き声しかっり聴かせてあげよう…」と弾んだ声で言っていた。

 

 

 家族支えあって元気に行こう!残された5人の約束だ。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.