FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

英単語

森山’s Honey Bucket 88 

 

 皆さんは英語の単語を覚える時、自分らしい覚え方(技)を持っていますか?

 

 

 

 高校2年生で同じクラスになったO君は僕が思う「いわゆる天才」の一人でした。

 

 同じ女の子を好きになって、ちょっと関係がギクシャクした時もあったけれど、O君は最も気の合うクラスメイトの一人でした。

 

 ギターが超絶的にうまかったというのもあるけれど、ぼくが彼をして天才だと舌を巻いたのは、彼の学力。

特に記憶力が人並では無かった点です。

 

 彼は例えば、fourdimensional とか lymphangiography などというスペルの長い単語でも、鼻歌交じりに、ほんの十秒のうちに記憶しました。 

 試しに、テキストのどこかのページを開き、どこかの行の英単語を選んで、指さしても、やはり、いとも簡単に頭の記憶装置に記録し、自由に取り出すことが出来る人でした。

 

 全世界には70億の人がいるのだから、O君のような人も少なからず存在はしているのでしょうが、僕の身の回りでそんな能力を持っている人は彼の他にはありません。

 

 

 それに引き換えこの僕は、中学1年生のときから、高校を経て大学に至るまで、英単語は「書いて書いて書きまくる」方法以外、モノにすることの出来ない男でした。

 おまけに、苦労しまくってやっと覚えたはずの単語も、ほんの暫く放置すると、いとも簡単に記憶の引き出しからこぼれ落ちてしまいました。

 

 最近の物忘れの酷さは別問題としても、現役バリバリの学生時代でも、ひたすら書くこと以外に、新たな単語を覚えかつ忘れずにすむ、最良の方法を知りませんでした。 

  

 

 君たち皆を、自分と同じ「平凡な記憶力の持ち主」と決めてしまうのは、失礼な話ではあると思います。が、おそらくは君たちも、眺めるだけで単語がスラスラ覚えられる…なんて超能力者ではないですよね。

 

 

 そこで、今日から始まった夏期講習会の中1生には、単語を覚えるのには

 

「紙が真っ黒になるまで繰り返し書くしかない!」 

 

ほれ、こんなふうに…

 

を指導することにしました。

 

 

 わざわざ時間を割いただけあって、初めて出会った単語もしっかり覚えてくれました。

 

次の授業までに、どれだけ復習してくれているか、ワクワクします。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.